ボクシング・ヘレナ

BOXING HELENA

105
ボクシング・ヘレナ
3.3

/ 42

19%
26%
26%
24%
5%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(14件)

不気味15.7%セクシー13.7%切ない11.8%恐怖9.8%ロマンチック9.8%

  • 一人旅

    5.0

    永遠の片想い ~四肢切断監禁篇~

    ジェニファー・チェンバース・リンチ監督作。 カルトの帝王:デヴィッド・リンチの娘であるジェニファー・リンチの監督デビュー作で、父親の遺伝子を受け継ぐ変態性に満ちた異色サイコスリラーです。 母親の愛情を受けずに育った青年医師:ニックが、昔からの憧れの存在である魔性の美女:ヘレナの手足を切断し、周囲には内緒で彼女を自宅に監禁してしまうという異様なシチュエーションで突っ走ったスリラーで、『ミザリー』(90)の男女逆転バージョンとも言えます。 死んだ母親から相続した豪邸で、四肢を切断され車椅子での不自由な生活を強いられたヘレナと彼女を自宅に監禁しつつ強烈な愛情と独占欲で彼女に寄り添い続けるニックの奇妙な共同生活の顛末を描いた、純愛以上にその変態性が際立った異色作となっています。意中の人の肉体を破壊し自由を奪って無理やり傍に居させるという展開は、観る人によっては悪趣味な内容と受け取られると思いますが、終盤での壮大な種明かしをもって、本映画が決して報われることのない青年医師の痛切な恋物語であったことが判明します。 主演のジュリアン・サンズが愛情を狂気に変貌させていく外科医を怪演していますし、相手役のシェリリン・フェンがファムファタール的ヒロインをヌード込みで艶めかしく演じています。

  • ken********

    5.0

    只々気持ち悪い映画

    だけど最高傑作 20年以上前、学生の頃たまたま夜中にwowowでやってて、見始めたら止まらなくなった。その後wowowお得意のリピートで何度か見たけど、今は放送出来ないんかね。確か日本未公開だったような記憶があるので版権の問題もあるのか。 ショッキングでキモい話なのだが、美しい映像で芸術性も高くたまに見たくなるけどDVD化されてないとはね… 賛否両論な最後は自分はアリ。アレによってこの作品の芸術性が増したと思う。 まぁ一押しなのはシェリリン・フェンがとにかく美しく刺激的だった記憶。

  • コトリ

    5.0

    私のベスト10に入ります。素晴らしい。

    20年以上前に観たっきりですがこの映画は忘れられない。 夢のような一時でした。 美しい女性の四肢を切断してまで自分のものにしたい狂った愛。 狂気の中の純愛。 コレクターでは無く、心が欲しい。 不思議なラストがもう一度観たい。 10年に1度は見返したくなる映画です。 本当に美しい女優さんです。 赤い航路の女優さんも好きですが、この人も好き。

  • bea********

    4.0

    ネタバレいわくつき

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • gag********

    4.0

    歪んだ愛

    シェリリン・フェンが美しい。最近の「サドンデス」でのシェリリン・フェンを見た時はあまりの変わり様にちょっとしたショックを受けたけれども…(笑)この頃のシェリリン・フェンはとても魅力的だった。 ニック役を演じたジュリアン・サンズはどこか憎めない独特の雰囲気を持つ人物を好演していたように思います。 でも2度目のショッキングなシーンを観た時はさすがにニックに不快感を感じたけれど、1度目のショッキングなシーンでは、轢かれた際にグニョッていってたから、もしかしたらせざる負えなかったのかなとも取れたので… 歪んだ愛だなあ。 似たような監禁ストーリーの「ミザリー」の様なハラハラドキドキ感はなかったけれど、主役二人の演技は良かったです。 ラストの衝撃のオチは個人的には好き。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ボクシング・ヘレナ

原題
BOXING HELENA

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-

ジャンル