北斗の拳

FIST OF THE NORTH STAR

92
北斗の拳
2.1

/ 69

6%
9%
16%
33%
36%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(27件)


  • dng********

    1.0

    時間の無駄

    やむを得ない事情で無理やり観なければいけない場合は音を消してスマホでも弄りましょう 感想はつまらないでいいです

  • ぽむぽむ

    2.0

    え?うーんうーん

    日米合作と書いてあったので少し観てみたんですけど、七つの傷から漂うピップエレキバン臭… アメリカ側の制作陣に誰か北斗ファンがいるんだろうな、とは感じました。作りたかったんだろうな、とは感じました(-_-;)シンがカメラに目線を送ったときに、「ああ」と思った。 けど、南斗が銃を使うという設定、なんで日本側は止めなかったのか…北斗の「拳」なんですけど…殺されたお爺さん誰…衣装が安っぽい… リンって目が視えないんでしたっけ? 私の記憶では声が出ないけど目は視えるはずで…この設定をいじくっちゃうと後が続かない気がするのですが…もしやシュウとゴチャ混ぜになってるとか? えっと、アメリカのファンには北斗の拳ってこんな感じに見えてるのかな…最初の10分だけで残念な気持ちになった映画は初めて。続きを見るかどうか悩む(-_-;) なんか…好きなんだろうな、とは感じるんですよ…だけど映画でこのレベルはちょっとどうなの…そもそもこういう漫画を実写化するのは無理があるよ…

  • xta********

    1.0

    開いた口を塞ぐ秘孔を突いてくれ

    オープニングから退屈 アタタタよりアチャチャチャチャ 技いや演技のキレもないし 特撮も顔芸で済ましている感じ 80年代のB級ホラーだなこりゃ どういう番宣したのかそこに興味あるよ トキよ俺は開いた口が塞がらぬ

  • koz********

    1.0

    コメントする価値もない

    N

  • tos********

    2.0

    想像通り

    荒野をさまよう北斗神拳のケンシロウは、胸に七つの傷をつけ父リュウケンを倒した南斗聖拳のシンを探しだす。シンはユリアを軟禁し、町の人々を暴力で支配していた。  正直、こわいもの?見たさで鑑賞。想像通りの出来でした。人気マンガを、この程度に制作した勇気をたたえるべきか。因みに、ひでぶあべしはありません。

  • mcl********

    3.0

    アニメと違って良かった

    アニメのストーリーは知ってますので。最初はやはり胡散臭さはありますが、別物として見れば良い作品でした。

  • hig********

    1.0

    センスを疑う。

    見事に北斗の拳の世界観をぶっ壊してくれましたね。  冒頭のシンがリュウケンを殺害するシーン。方法は拳銃で一発ズドン。えっ、拳を交えないの?仮にも北斗神拳と南斗聖拳の使い手だよ? これでは両奥義より銃器の方が格上というイメージしか持てないじゃないか!! ぞんざいに扱われた北斗神拳の使い手の話なんて何の魅力も感じませんよ。

  • kun********

    1.0

    こいつはもう死んでいる

    糞映画です。ただそれを期待して観ると、それはそれで物足りないという何とも中途半端な作品でした。

  • kon********

    4.0

    行間を読める人なら楽しめる映画

    原作は大まかなストーリーを知ってる程度で見ましたが、大変楽しめました。 特に作成当時の拙いCGに頼らず、あくまでアクションで見せるケンとシンの格好良さ、時間と見せ場を考慮し考えられたシンプルでありながらも決して浅過ぎないストーリーは評価に値します。 低評価のレビューの多くは、原作「北斗の拳」からストーリーやキャラ設定が変わっているのが嫌、CGが拙くて嫌、北斗百裂拳に迫力がない、とかだと思います。 しかし、1995年という事、ハリウッド映画代表作ほどの予算が確保されていない事を考慮に入れるとそれらの観点の批判は見当違いなのではと私は思います。 正直クソ映画を期待して見たら普通に面白くて、低評価まみれなのが納得いかずこれを書いてます。 以下は個人的に評価高かった部分を垂れ流します。 まず主役のケン役の方の殺陣はフォームが非常に美しく、それだけでもかなり満足度高いです。 セットや美術もかなり凝ってると思います。描写やストーリーの流れから、行間を補完して読めれば、少ない登場人物から上手く広げて畳んだストーリーだなと思えます。(描写から読んだり推察する部分が少し多い気もしますが笑) それでもケンの心理的葛藤からの成長や、シンの城下ですらシンの政治は決して良いものでないという描写、物語の黒幕が誰なのか、などはちゃんと見てれば分かるようになってるし問題ないね。 これがクソ映画って言われてるのには、日本人の同調圧力みたいなのが凄い影響してると思う。 大方、漫画の実写化という文化にまだ耐性がない1995年、原作「北斗の拳」の熱が冷めやらないファンが期待してたストーリーと違う!って言って低評価して、それを受けてクソ映画クソ映画って浸透した結果が今の評価だと思う。 前述したとおり、描写から補完する事が求められる映画だからクソ映画とタカをくくって片手間に見るのではなく、ちゃんと向き合ってこの映画を見てから評価して欲しいと切に思う。 あと調べたらこれハリウッド製作じゃないじゃねえか!日本出資で海外スタジオに作らせた今で言うVシネマみたいなもんだよ! でもパッケージの絵柄とかそもそもVシネの置き場とかない事から考えてレンタル店ではハリウッドコーナーに置かれるのか!誤解生むわそりゃ…

  • kei********

    4.0

    クソ映画を期待してたのに!!

    どんなクソ映画かと思ってワックワクしてたのに、実際は普通に見れる映画で最後まで見てしまって、ある意味でガッカリした。 この期待はずれな気持ちを、誰かわかってくれるだろうか。 アクションシーンとか、フツーに本職の格闘の動き。 素直にカッコいい。 ストーリーなんぞ、本家が行き当たりばったりだし。 表現とかに時代や予算の都合は感じるけど、それだけ。 頑張ってる作品で、全然悪くない。

  • joj********

    5.0

    大半、本当は見てないでしょ

     まあ……、おもしろいねこれ。格闘シーンは、従来のカンフー映画や格闘ものと比較しても遜色ない、一級品の出来栄えですよ。奥義を使うシーンは、さすがにちょっとつらくて、北斗百烈拳や南斗聖拳も、使わずに済ましていたほうがよかったのではと思いますけどね。  ストーリーはどうかというと、原作におけるサザンクロス編を再構成してポストアポカリプスの世界をしっかりと描いている。予算の都合か、カメラが映す範囲が狭かったりするが、十分許容範囲。  キャストの演技も声優の吹き替えも上手く(キャストは豪華だし声優はアニメと一緒なので下手なわけがない)、映画にのめり込むことができる。  ハリウッド映画ではなく、ビデオ制作なので粗はある。しかし、台詞回しと演技、世界観、格闘、全然妥協も手抜きもしていない。北斗の拳を実写化する、本気で実写化するという気概で挑んだというのがよくわかる名作だった。  残念ながら、世間ではいわゆる実写化アレルギーのために見てもいないのに駄作と評されるが、純粋におもしろいのでフラットな感覚で鑑賞してほしい。

  • drm********

    1.0

    まあそうだよね

    はなから期待せず観たので、そうだよな、こうなるよね… てな感想しかありません。 そもそもこれを実写に…とは皆様言っていると思いますが。 まず”北斗の拳”の意味合いをはき違えてるところから。 全体に原作のエピソード(ミスミのおじいさんのとか)を適当につまみながら適当に作った作品でした。

  • JUNJUN

    2.0

    感想

    ケンシロウ、、、、違うから。 やはり実写じゃ無理がある。 北斗神拳も、なんか軽〜い。 誰でも出来そう。

  • こみん

    3.0

    この映画の擁護派です

    私はこの映画に周りの評価ほどチープな印象は受けませんでした むしろ好きです 擁護派なんです ただ序盤で南斗聖拳の使い手を豪語しながら拳銃で相手を撃っちゃう時点でこの映画がどういうものなのかは良くわかります 拳法使えよ、と 原作再現度という点ではまったくのカス映画です 近所の公園で北斗の拳ごっこをして遊ぶ子供達レベルと思って観ていればがっかりする事はありません 北斗の拳である事を意識しないのであればこの程度のB級映画など腐る程ありますので、まず+☆1 そして夢のハリウッド映画に日本人の鷲尾いさ子がキャステイングされている事に+☆1 日本の漫画ですので一人くらい日本人だしてやろうか くらいの配慮があったのでしょうか なんともありがたいことですが、「ユリア」自体日本人ではないので別に、この部分は外人でも良かったんだけどね そしてケンシロウが長髪のズラを被ったベン・スティーラに見えて仕方ありません そう、「メリーに首ったけ」のベン・スティーラです 敵にヘッドロックしちゃうケンシロウ、金的蹴りのケンシロウ 本当に笑わせてもらえた部分に+☆1の合計☆3個です コメディー映画として笑いは重要な事なんです

  • gag********

    4.0

    You're already dead

    アメトークで「北斗の拳芸人」をやっていて、土田晃之さんがハリウッド実写化もされていると紹介されていたので、気になりレンタルしてきちゃいました。 アメトークでも駄作という体で話されていたので、期待はしていなかったのですが、そこまで悪くはなかったように感じました。 アクションも凄かったし。 まあ北斗の拳は名前とキャラクター何人かは知っていて何回かアニメを観た事あるくらいでなのでアニメ(原作)と比較したりすることはできませんが… ケンシロウが連打攻撃(アタタタタのシーン)は日本語吹き替え版に切り替えて観ると結構面白いです(笑) ゲイリーダニエルズはよく頑張っていました。背はそんな高くなさそうですが肉体美は見事!さすがスタントマン。あと誰かがロン毛にしたベンスティラーに似てるみたいな事、書いてましたが確かに少し似てます(笑) 少し気になった点はケンシロウって思いっきり日本人の名前ですよね…ドラゴンボールの孫悟空はサイヤ人だから外国人でも納得ですが、ケンシロウは日本人が演じた方か自然だったのでは?ユリアも名前からして外国人が適役のような気がしますが、日本人の鷲尾いさ子さんが演じてます。

  • jet********

    1.0

    ウルトラC級コメディ

    この作品も原作イメージとかけ離れすぎ。 だが、ここまでくると違う意味で許してしまうわ~。 まずユリア以外の人物、外人ですから。 で、唯一の日本人ユリアを演じてるのが鷲尾いさ子。 彼女の演技の下手さが、よりC級映画にしてくれてます。(爆) 何故、カタコトのように「ケンシ~ロ!」と叫ぶのか? んで、南斗聖拳を使わず、銃を使うシン。 ケンシロウの胸の七つのキズはピップエレキバンですか? とにかくツッコミどころ満載のウルトラC級コメディ作品だな。 は~、笑い死にするかと思った!

  • ryo********

    4.0

    北斗の拳ラオウ伝殉愛の章

    今までなかった北斗の拳です。

  • fgn********

    1.0

    テレビで放送されていたので見ました。

    アニメの実写化に失敗した典型例でしたね。 アニメのような迫力がない上に妙に映像がリアルになったので、グロテスクな暴力映画になり下がってしまいましたね。 あと、途中の戦闘シーンの演出には思わず笑ってしまいました。 いかにも合成しました的な閃光や腕を一生懸命動かして「アタタタタ!」などもはやウケ狙いとしか思えません。 ストーリーも退屈でしたのでチャンネルを何度も変えようかと思いました。 これなら深夜アニメで放送されていた「けいおん!!」でも見たほうが良かったかもしれませんね。まあ、結局頑張ってEDまで見ましたが… この作品の良かった点をあえて挙げるとすれば、荒廃した世界を上手く表現できていました。まあ作品そのものが荒廃していましたからね…

  • k_k********

    1.0

    今だったら

    もっとうまく作れるんじゃないかな?CGも発達してるし漫画に対する理解も‥ いや、理解はないか‥あんなドラゴンボールが作られてしまうくらいだから‥ 監督、脚本、制作など全部そうですが、その作品を好きな人にやって欲しい。 ヤッターマンもそうだったけど絶対作品知らないだろ!って人が作ってる‥

  • elb********

    5.0

    コメント

    とても良い映画です。

1 ページ/2 ページ中