ここから本文です

ぼくの美しい人だから (1990)

WHITE PALACE

監督
ルイス・マンドーキ
  • みたいムービー 63
  • みたログ 600

3.65 / 評価:127件

映画化にあたり

  • kom***** さん
  • 2020年2月16日 1時04分
  • 閲覧数 214
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

原作の持つ毒と魅力を少しずつ薄めざるを得なかった事が残念。
すれた年増を好演しているが、スーザン サランドンが友人達の嫁に比べても普通に綺麗で、連れて歩くのが恥ずかしい程不釣り合いには見えない。
友人達もよそよそしい位 皆好人物で、中途半端に緊張感を欠いた話になってしまっている。
ラストも唐突にアメリカンにまとめ過ぎて強引。
今や丸顔のハゲオヤジとなった、若き日のジェームズ スペイダーの輝くばかりの美貌と、一途で可愛らしいが抑制の効いた男の眼差しに星一つプラス。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 切ない
  • セクシー
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ