ここから本文です

慕情 (1955)

LOVE IS A MANY-SPLENDORED THING

監督
ヘンリー・キング
  • みたいムービー 39
  • みたログ 383

3.62 / 評価:131件

希望に溢れていた香港

  • br0***** さん
  • 2020年10月27日 2時09分
  • 閲覧数 616
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

この当時に描かれている香港は美しく希望に溢れている。アジアに咲いた自由な民主主義都市として、楽しいムードに満ちている。2020年に突然にその希望は破壊されてしまい、共産党のよる弾圧による社会主義都市へと変貌している。そんな時にこの映画を観ると、現代はあまりに複雑で混沌していて、暗く不幸ではないかと考えこんでしまう作品となっている。ヒロインのハン・スーインは、中国と英国のハーフでありため、差別の中で生きているのがさりげなく表現されている。彼女が朝鮮戦争も勃発している中で、決してハッピーでいられない状況化で、いつも明るい笑顔振る舞う様子が、悲しいラストも明るい涙を誘った。そこが、この単純なメロドラマを名作にした要因と感じる。映画全体にヒロインジェニファー・ジョーンズの笑顔が印象に残る。昨今の映画は劇画的で怒りや悲しみを強烈に表現した作品が多いが、悲惨なライトシーンさえも、あえてソフトに優しく描かれていて、さりげなく単純にエンドロールを迎える表現が心地よく感じ、癒された。米中対立の今の時代背景も含めて平成生まれの人達に観てもらいたい癒しの名作です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 楽しい
  • 悲しい
  • 知的
  • 切ない
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ