ここから本文です

慕情 (1955)

LOVE IS A MANY-SPLENDORED THING

監督
ヘンリー・キング
  • みたいムービー 34
  • みたログ 333

3.71 / 評価:97件

真の恋に酔いしれる永遠のラブ・ストーリー

  • hoshi595 さん
  • 2018年11月29日 2時58分
  • 閲覧数 457
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

主人公ハン・スーインの自伝をもとに映画化されたラブ・ストーリー。

物語は1949年の英国植民地香港が舞台で、当時は一日3000人の難民が中国本土から香港へ逃げてくるという政情不安な時期であり、主人公も研修医という肩書きで香港の病院に勤務している。

主演は、本作品の監督ヘンリー・キングが手掛けた「聖処女」でも主演を務め、アカデミー賞とゴールデングローブ賞の主演女優賞受賞のジェニファー・ジョーンズ。ちなみに監督は「聖処女」でアカデミー賞は逃し、ゴールデングローブ賞監督賞受賞のみだが、戦争映画ファンならご存じの「頭上の敵機」の監督でもある。

相手役には、「第十七捕虜収容所」でアカデミー賞主演男優賞受賞のウィリアム・ホールデン。更に本作品の主題歌を作曲したサミー・フェインもアカデミー賞歌曲賞受賞と、三拍子揃った布陣である。

冒頭の場面から流れる主題歌は、途中も何度も繰り返し流されて観る者の胸を打つ。この時代の主題歌は映画を離れて音楽だけで聴いても名曲が多く、それを聴くたびに映画の名シーンが甦ってきた。最近の映画はそれが少なくなりつつあるのが寂しい気がする。

本作品の世界的ヒットにより、二人がしばしば訪れる香港島側の丘が注目され、それを実際に見たい人も多くいたのも不思議ではないが、現在の香港では大体の位置は示せても映画のままの丘は存在しないようだ。

映画の内容は、とても言葉では表現できないので観ていただくしかないが、こんな”大人の恋”が一瞬でも実現するなら一生の思い出になる事だけは間違いないと言える。

愛し合う二人の心のふれあいが美しいだけでなく、不測の事態に直面したときの行動も含め、愛とは何かを実感できる永遠に心に残るラブ・ストーリーである。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • ロマンチック
  • 勇敢
  • 知的
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ