ここから本文です

北海ハイジャック (1980)

NORTH SEA HIJACK/FFOLKES/ASSAULT FORCE

監督
アンドリュー・V・マクラグレン
  • みたいムービー 8
  • みたログ 115

3.18 / 評価:38件

ロジャー・ムーア もうひとつの007?

  • 一人旅 さん
  • 2015年12月4日 10時39分
  • 閲覧数 619
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

TSUTAYA発掘良品よりレンタル。
アンドリュー・V・マクラグレン監督作。

北海の油田基地爆破を阻止するため犯人グループに対決を挑む男の活躍を描いたアクション。
基本的にはアクションだが、犯人グループと政府組織の駆け引きや、人質にされた乗組員の決死の行動など緊張感の絶えない演出が見どころだ。クライマックスの制圧作戦ではスピーディーで緊迫感の充満したアクションが展開される。ただ、犯人グループの人質に対する管理体制がかなり甘く、わりと自由に船内を移動できたりするのが気になるところ。それにリーダー以外のメンバーは明らかに無能で、リーダーから命令されない限り動こうとしない。壮大な犯罪計画を実行しているわりには、極悪というほどの悪さを感じないのだ。
キャスティングは素晴らしい。10年以上(7作品)に渡ってジェームズ・ボンド役を務めたロジャー・ムーアが民間軍事企業の代表として出演している。敵の動きと考えを正確に読み抜き、緻密な作戦を練り上げ実行に移していく。海軍提督を演じるジェームズ・メイソンと犯人グループのリーダーを演じるアンソニー・パーキンスも俳優に対する観客のイメージをそのまま活かした配役で、意外性はないが安定感抜群の演技を見せている。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 恐怖
  • 勇敢
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ