ここから本文です

ボッカチオ'70 (1962)

BOCCACCIO '70

監督
マリオ・モニチェリ
フェデリコ・フェリーニ
ルキノ・ヴィスコンティ
ヴィットリオ・デ・シーカ
  • みたいムービー 23
  • みたログ 122

3.79 / 評価:34件

伊太利のクールさ。

  • hakkatou さん
  • 2008年11月29日 20時07分
  • 閲覧数 473
  • 役立ち度 8
    • 総合評価
    • ★★★★★

14世紀に活躍した詩人、ジョバンニ・ボッカチオによる『デカメロン』へのオマージュ作品ともいえる伊太利映画お得意のお色気コメディ♪
4編のオムニバスとあって、往年の監督を楽しむのもよし、可憐な女優陣に見惚れるもよしとのんびり気楽に楽しめました。

1話目 マリオ・モニッチェリ監督 「レンツィオとルチアーノ」
家族のアパートに同居している結婚をひかえた恋人たちの日常を慌ただしくもユーモアたっぷりに描いた軽快な作品。当時のイタリアのオフィスや通勤の光景、遊び場etc …単調なストーリーなのに、飽きの来ないのは、見どころ満載の映像と明るい音楽のためかもしれません。

2話目 フェデリコ・フェリーニ監督 「アントニオ博士の誘惑」
夢と現実が交錯する寓話。
禁欲生活を送る博士のもと、夜な夜な、特大看板より抜け出しては博士を悩ませる魅惑的な美女アニタ・エバーグに見惚れてしまいます♪

3話目 ルキノ・ヴィスコンティ監督 「仕事中」
若い貴族の夫婦の倦怠をシニカルに描いた、お洒落でユーモアたっぷりの作品。
全編、室内で撮られた舞台的な構成でありながら、ゴージャスなインテリアと美男美女カップルでありながら、女癖の悪い夫、それをやり込めようと娼婦に化ける妻の現金なお話。思わず、にやっと笑えるコミカルなつくりに監督の美学を感じました。

4話目 ヴィットリオ・デ・シーカ監督 「くじ引き」
イタリア北部の田舎を舞台に父親の借金のかたに、くじの商品にされる美しい娘をめぐる村の男たちの奮闘と、恋人がありながらも、一等をあてた冴えない男の母に一生の思い出に一夜限りの夢を懇願され悩むヒロインの純愛が、あたたかく描かれた作品です。
娘を演じるのはソフィア・ローレン。とってもかわいいです♪

全編、好みの分かれそうなユーモアとエロスに溢れた洒落たつくりとなっていますが、独特の単調さで描かれた日常にとっぷりと浸かってしまいそうな心地よい雰囲気を楽しめました^^

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ゴージャス
  • 絶望的
  • セクシー
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ