レビュー一覧に戻る
インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説

インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説

INDIANA JONES AND THE TEMPLE OF DOOM

118

hik********

5.0

大傑作の失敗作?

本作は、これだけ名作扱いされているにもかかわらず、当の監督のスピルバーグは本作を「失敗作」と評したそうですが、何となく分からなくも無い気がします。 よく見ると分かりますが、本作は非常に雑な内容なのです。 まず導入からして雑で、インディがいきなり前日の襲撃の話をしだして(しかも、そのシーンの映像は一切ありません)、 唐突に攻防戦が始まります。そもそも誰が誰やらさっぱり分からないまま。 その後の、中国→インド→遺跡という、この舞台転換の流れもあまりに強引です。 なるほどあまりにも雑です。しかし……そこが良いのです。 この無茶苦茶さ加減が、このシリーズの醍醐味であり、数分に一回スペクタクルシーンがあるというザ・ハリウッド的な映画の原点でもあります。 中盤こそやや停滞しますが、後半はもう全編クライマックスと言ってもいいほど 破茶滅茶で、構成すらもアンバランスです。しかしそこがまた良い。 後年に作られた作品だと、「マッド・マックス 怒りのデスロード」が近いかもしれません。 この絶妙なテンポ感、スラップスティックコメディーを軸にしたアドベンチャー活劇は群を抜く面白みがあり、傑作と語り継がれているのも充分に頷けます。 難点を挙げるとすれば、ホラー、虫の表現が凄まじく悪趣味で気色悪いところです 人によってはトラウマ必至でしょう。 もっとも本作に限っては、それすらも魅力の1つなのですが。(笑)

閲覧数793