インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説

INDIANA JONES AND THE TEMPLE OF DOOM

118
インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説
4.2

/ 1,883

42%
37%
17%
3%
1%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(186件)


  • パステル

    4.0

    ネタバレ宮殿の料理のインパクト

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • sou********

    4.0

    ザッツ・エンターテイメント!美しき娯楽映画だ。

    オープニングのドライブ感と引き込み吸引力!オメエらダイソンかよ!? おぉ!ジャッキー・チェンのテイストアクション!?グーニーズも登場!?素敵だし、映画愛に溢れている。ルーカスとスピルバーグのコンビって、考え得る限り最強のエンターテイメントやと思う。そこにジョン・ウィリアムズでっせ。高揚するのは仕方ない。 当時のブイブイ言わせてる製作陣だもんなぁ。そこにハリソン・フォード。なんて贅沢な話だよ。時代のエネルギー溢れまくり! そして、そんなサバイバルあるかよ!?の、くだらなさがエンタメ感満載。 一旦落ち着かせて、ストーリーの構築。もう、お見事。 巻き込まれ型の冒険ストーリーもザッツ・エンタメ。忘れていた子供心がムラムラと刺激されるぜ。 そして、カウボーイハットに象徴されるアメリカンスピリッツよ。勇気の象徴っての?多少の人間らしい弱みもありつつ、モテ男で知性に溢れて行動力とリーダーシップの持ち主キャラ。もう、アメリカンヒーローそのものじゃんね(笑)。 良くも悪くもザ・アメリカン。このアメリカの価値観を微塵も揺らぐ事なく押しつけるパワーに、当時のアメリカの強さの理想を思うのである。 世界経済については子供時代だったので記憶にないが、この全力エンタメに日本は足元にも及ばない…と思ったものだ。 僕の祖父が戦場から敗戦を背負って帰ってきた以上、この敗北感は間違いなく引き継いでいるのだと思うけれど…。アメちゃんやべえ。映画もスゲ〜。この刷り込み感は拭えずに、僕はおっさんの年齢に至った。 もう、映画と関係あるのか不明だよね、このレビュー。 酔って書いてるんだもん。酔った勢いで、子供の頃夢中だった映画をレビューしてんだもん。思い出が良い塩梅で無茶苦茶に蘇ってるだけっす。 まぁ、なんにせよね、ベタの力技だと思うのよ。でも、ベタの力技で押し通せる力量が素晴らし過ぎる。おっさん、美女、冒険、ロマンス、謎、ガキも活躍、悪党の巨大な陰謀、バカっぽい儀式…なんじゃこりゃ!?今時作れるか?このてんこ盛り。もう、立派っす。素晴らしい。 ゲラゲラ笑って、ドキドキワクワクして、平凡な日常に戻る。映画って素晴らしいじゃない!?そんな作品だよ。

  • bgg********

    4.0

    金曜ロードショーで観た

    CGよりほんまもんのセットが素晴らしい

  • カリブソング

    4.0

    2作目は子どもが出るのは法則?

    ・・・と言っても今作と「ターミネーター2」「エイリアン2」くらいしか思い浮かばないけど(^_^;) 安定のアドベンチャー・アクションで、いつでも楽しく観られる作品なのがすごい。何なら続けて何度か観ても大丈夫。おそらくメインキャラに心の葛藤がないからかも。三人とも迷うことなく物語中を一気に疾走する楽しさ!特に紅一点のウィリーのカッ飛び方が気持ちいい!

  • hamo

    5.0

    ネタバレインディジョーンズと言えばコレ!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • jim********

    4.0

    連続で2作目も鑑賞

    観たのが大昔なのでこっちが最初のような気がしていたが、2作目なんだね。 確かにレイダースより遥かに凝っていて面白い。食事シーンは今観ても強烈。特に猿のところ。 矢継ぎ早なハードシーンの連続は007のよう。ジョーンズ博士とジェームス・ボンドはやっていること大差ないよね。

  • hik********

    5.0

    大傑作の失敗作?

    本作は、これだけ名作扱いされているにもかかわらず、当の監督のスピルバーグは本作を「失敗作」と評したそうですが、何となく分からなくも無い気がします。 よく見ると分かりますが、本作は非常に雑な内容なのです。 まず導入からして雑で、インディがいきなり前日の襲撃の話をしだして(しかも、そのシーンの映像は一切ありません)、 唐突に攻防戦が始まります。そもそも誰が誰やらさっぱり分からないまま。 その後の、中国→インド→遺跡という、この舞台転換の流れもあまりに強引です。 なるほどあまりにも雑です。しかし……そこが良いのです。 この無茶苦茶さ加減が、このシリーズの醍醐味であり、数分に一回スペクタクルシーンがあるというザ・ハリウッド的な映画の原点でもあります。 中盤こそやや停滞しますが、後半はもう全編クライマックスと言ってもいいほど 破茶滅茶で、構成すらもアンバランスです。しかしそこがまた良い。 後年に作られた作品だと、「マッド・マックス 怒りのデスロード」が近いかもしれません。 この絶妙なテンポ感、スラップスティックコメディーを軸にしたアドベンチャー活劇は群を抜く面白みがあり、傑作と語り継がれているのも充分に頷けます。 難点を挙げるとすれば、ホラー、虫の表現が凄まじく悪趣味で気色悪いところです 人によってはトラウマ必至でしょう。 もっとも本作に限っては、それすらも魅力の1つなのですが。(笑)

  • ter********

    3.0

    少年がいるから子供向け映画っぽく思えた

    内容は意外と分かりやすかったです。 前半は旅をする感じで、これから何が起こるのだろうと思え、世界観も楽しめてましたが、後半から微妙かな。 虫とかが気持ち悪いです。 それに、少年がいるせいで子供向け感が出てます。 結局、まあまあ楽しめたって感じでした。

  • ivo********

    3.0

    ネタバレ80年代アトラクションムービー

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • GREEN

    4.0

    ネタバレインディージョーンズ魔宮の伝説

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • pok********

    4.0

    昔は最高だったが…さすがにヤバい

    面白さ、リズムの良さ、音楽。 どれも最高の冒険活劇なのは間違いない。 当時映画館で観てます。 子供ながらドキドキして笑って楽しかった。 舞台はインドの奥地。 さすがにあの描き方は訴えられるんじゃないの? 子供の頃はインドもアマゾンも よくわからなかったが、あれはね~。 いい大人にはさすがに子供っぽいかな。 面白いけど古臭い。 でも1回は観る価値ある映画です。

  • yoz********

    5.0

    敵があまりにも弱すぎる

    最後まで楽しく見られた。星5。 セットとか合成を見て映像がちょっと古いな と思ったら84年、そんな前なのか。 虫・死体はさすが昔らしくバッチリ ハプニングが次から次へと アトラクションのように続くね。 そんな長いトロッコないだろよ と思うけど映画なんだからOK 敵のインド人たちがあんまり強くなくて 子供に棒で叩かれたくらいでダウンする そもそも武器を持って迫ってくるのに 捕らえるだけで殺す気なしはちょっと変かなw

  • kot********

    5.0

    スピード感と面白さは秀逸

    冒頭、いきなり上海マフィアとの攻防劇から始まり、インドの異教徒との攻防劇へ、息つく暇もない冒険が続く、楽しい作品です。映像処理などに古さは感じましたが、そのスピード感と面白さに、いま見ても引き込まれ、手に汗握りました。 多少、グロいシーンがありますが、これぞ映画と思わせる醍醐味が詰まっています。是非、大画面で見て欲しいです。

  • しおびしきゅう

    5.0

    水をさしてやった!熱を冷ましな!

    日本テレビ『金曜ロードショー』で鑑賞! 2021年9月24日(金)、本編ノーカット放送! オイラが2021年に観た、291本目の映画! そりゃあ楽しいです! 面白いです! 何回も観ています! DVDも持ってます! でも、テレビでやってると、観てしまいます! もう、自由自在ですね! 最初の、ダイヤモンドや解毒剤が、あっち行ったりこっち行ったり、なかなか捕まえられないのも! 洞窟の釣り天井が降りて来る部屋に閉じ込められて、助けがもたもたしていても、天井がなかなか降りて来ないのも! トロッコが、脱線せずに走り続けるのも! だから面白い、そうでなきゃ面白くないのかも知れないけど、時間空間、物理法則も何もかも、自在にできるのが、映画の世界! 面白ければ、何でもいい! アニメや漫画の世界と同じだけれども、実写でやるから面白い! 映画って素晴らしい! そいつぁよかった!

  • nisan

    5.0

    忘れた頃に見直すと良い感じ★

    かなり久しぶりに見ました。 映像は少し時代を感じさせるが、ストーリー(出来過ぎ感はあるが、娯楽なので、問題なし)も構成も演出も正に名作に相応しい。 また、名作には必ず名曲がついてくるが、このシリーズも正にそれ! 忘れた頃に見直して、楽しめる映画です。

  • さえばたろう

    5.0

    謎の少年大活躍!

    飛行機からダイブ、トロッコに切れた縄橋。おしよせる水!! みどころは以上ですw

  • jun********

    5.0

    インディの帽子

    本作は面白いに決まってます。 レヴューは以上なんですが インディの被っている帽子。 あの形の帽子って 日本では中々手に入らないんですよね。 ソフト帽何かその辺で売ってるでしょ? と仰る方も多いかと思いますが 違うんですよ。 本作の帽子と あと「スティング」で ポール・ニューマンと ロバート・レッドフォードが 被ってる奴。 ゴッドファーザーでも ファミリーの皆が被っている。 ソフト帽と一口に言っても 色々タイプが在ります。 私が言っているのは クラウン(高さ)が高く つばが広めの奴。 ハイクラウン&ワイドプリム 確か1930年代に 流行った形ですね。 逆にクラウン低めで つば狭めだと 何かラッパーとかヒップホップとか そういう感じに成ってしまいます。 小者チンピラ感が アップします。 「そういうの」は幾らも売ってる。 つば広めも 比較的見かけます。 でもクラウン高めが無いんですよね。 イタリアの老舗 ボルサリーノなら そういうの「幾らも」あるんですけれども バカ高い(お値段が)! ・・・あの型に加工するの 難しいんですかね? クラウン高めだと 見栄えがするんですよね。 凄く目立ちますけど (かぶってる人間居ないから)。 1930年代には この帽子を皆 被っていた様です。 サラリーマンの制服が ダークスーツにネクタイ であるかの如く 嗜みとして皆被っていた。 その頃を舞台にした映画を観ると その様ですね。 会社のオフィスに 帽子掛けが必ず有ったりして。 黒澤の「生きる」でも 主人公は元より皆 被ってました。 もう一度流行らないですかねぇ。 あのソフト帽 (私は結局インディ・レプリカを ヤフオクで「割安く」購入しました)。

  • tos********

    3.0

    こっちの方が好き

    上海ギャングから逃れ、インドの村にたどり着いたインディ。その村から秘宝サンカラストーンを奪った邪教集団の存在を知る。相棒の少年ショーティと上海から一緒に逃げてきた歌姫ウィリーと、邪教集団の宮殿を目指す。  ショーティが加入することで少し子供向きになった二作目。それでも見どころのアクションは前作より面白い。

  • ko_********

    4.0

    ラストはノンストップ

    久々に観たがストーリーはあまり覚えてなかった。 中盤はちょっとだらける感でそこがマイナス。 しかし、オープニングでセスナ機、ボートで空中ダイビング、雪山の止まらないボートなど楽しめた。 そして何よりラストがトロッコ、濁流、断崖絶壁、吊り橋、ワニとこれでもかこれでもかとノンストップでアクションが続き楽しめた。

  • mar********

    5.0

    ハラハラしっぱなし

    ハラハラしっぱなしで休まるところがなかった。 中だるみもなく、最後までテンポ良く終わった。 助手?の子ども有能すぎる。 ヒロインがあんまり可愛くなかった。 個人的にはインドの子どもの王様にかなりイラッとしたので、正気に戻ってからも一発、グーパンチで殴って欲しかったなぁ。 あと全体的にグロい。ハムナプトラとかバイオハザードとかもあそこまでグロくない。 蛇の料理のシーンとか、洞窟の中の虫とか、トラウマレベルになるくらい気持ち悪かった。 あと主人公不死身すぎる。

1 ページ/10 ページ中