ここから本文です

ボディ・スナッチャー/恐怖の街 (1956)

INVASION OF THE BODY SNATCHERS

監督
ドン・シーゲル
  • みたいムービー 35
  • みたログ 179

3.51 / 評価:81件

一級のSF映画

なんとなく観た。話がおもしろそうだし、監督は『ダーティハリー』のドン・シーゲルだから、興味本位ぐらいの感じで観た。正直そんな特別、期待はしていなかった。

しかし! 映画がはじまるやいなや、この映画の魅力に引きこまれてしまった。この映画、低予算だが中身自体はA級の超おススメSF映画である。80分という短い上映時間のおかげで、まったく中だるみせず、終始緊迫のサスペンスとスリスを味わうことができる。俳優陣の緊張感あふれる演技と、白黒の映像がかもし出す不気味な雰囲気がさらに映画を盛り上げている。

『ダーティハリー』のときはのときは単に主演のクリント・イーストウッドの魅力ばかりに酔いしれていたが、本作でドン・シーゲルという監督がいかに偉大な監督であるかを思い知らされた。SF映画が好きで本作を観ていない人がいたら、すぐにでもレンタルすることをおすすめする。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 知的
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ