インディ・ジョーンズ/最後の聖戦

INDIANA JONES AND THE LAST CRUSADE

127
インディ・ジョーンズ/最後の聖戦
4.2

/ 1,531

41%
38%
18%
2%
1%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(166件)

楽しい12.5%勇敢12.4%かっこいい11.7%笑える10.4%コミカル8.6%

  • sou********

    3.0

    永遠の命?映画に残る貴方達こそ永遠に生きるのですよ!

    記憶に薄い映画である…。 改めて観てると、こんなシーンあったなぁ…と思い出すし、各シーンのオチというか展開も思い出す。それなのに、記憶が繋がらない。 思い入れが少ない作品なんだろうね。 考えてみたら、僕は永遠の命ってのに興味がない。永遠の命なんか授かったら、永遠に続く罰ゲームじゃん(笑)。 永遠の命には重要な発想が欠けている。永遠に日常をこなさなければならないのだ。あぁぁ、コンビニ弁当食い飽きたなぁ、掃除しなきゃなぁ…これくらいの日常は、若いうちだったら問題ないが、永遠に途切れない資産がなければ永遠に仕事をして稼がなきゃいけないのだ。老人になった自分が、終わらない命のせいで働き続けてる事を想像したら…自分が不憫に感じてくる(笑) 若い頃に既にそんな発想だった僕だから、この映画のお宝は魅力がなかったのだ。永遠の命?くだらんなぁ…と。ましてやクリスチャンでもないので、聖杯がどうのこうのと言われても…きっと大事なものでしょうね、と価値がわからない。猫に小判ってね。 お宝に興味がなく、インディは相変わらずの勇敢なおっちょこちょい。3作も続けば飽きるよね。記憶が少ないのも仕方ない。 ただ、改めて観ると、ショーン・コネリーのおじいちゃんっぷりとか、出てくる戦車が第一次世界大戦の時に登場した(らしい)ヤツが動いてるとか、ヒンデンブルク号っぽい飛行船の登場なんかは「へー!」と言ったところ。父子どんぶりは…自分だったらクラクラするなぁ。 テーマ曲の出し惜しみも、盛り上がりに欠ける原因かと。

  • パステル

    5.0

    ネタバレ冒険といえばこれ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • die********

    3.0

    次から次へのアクションの連続、でも先が見えてるんだよね

    ショーンコネリーがいい味出している。 さすがですな。  . 次から次へのアクションの連続。 連続なのは認めるけど、 でも息をのんで見入り続ける、 というほどでもない。 先が見えてるんだよね。 . 登場人物も、出てきた瞬間に、どっち側の人間かというのは丸わかりだし。  . ナチスを不当に悪者にしすぎている感はあって、 私がインディ・ジョーンズシリーズに今一つ, のめり込めない理由かもしれません。

  • シネマバカ一代。

    4.0

    全体的に面白かったけど…

    インディ(ハリソンフォード)が城に親父さんを助けに行くシーンで隣の部屋の窓から救出するんだけど、窓を開けたら雨が降ってるのにムチをかけるシーンで雨が降ってないシーンは雑だった。

  • kou********

    5.0

    GOOD!

    娯楽映画としてパーフェクト。アクションやキャスト、ストーリーも完璧だけど、実は父親と息子の描写が秀逸。他のヘタクソが書くストーリーではこんなに上手くさりげなく描けない。そのテーマだけで2時間になってしまうだろう。絶体絶命の時だけしか頼もしい姿を見せてくれないのが20世紀の父親像としてすごくすごくいい。不時着後の海岸でメッサーシュミットを(あえて秘密道具なしで!)やっつけるところ、最後の最後に(40年追い求めた)聖杯なんてほっておけ、と言うところ。永遠の命より、宝物入手より、イルミネーション(輝き)を見たという体験こそが最大の収穫なんだよ、と。スピルバーグが絶好調の80年代に、自分が感受性豊かな少年時代だったのが幸福。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


受賞歴

アカデミー賞第62回

音響効果編集賞

基本情報


タイトル
インディ・ジョーンズ/最後の聖戦

原題
INDIANA JONES AND THE LAST CRUSADE

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-