ここから本文です

インディ・ジョーンズ/最後の聖戦 (1989)

INDIANA JONES AND THE LAST CRUSADE

監督
スティーヴン・スピルバーグ
  • みたいムービー 141
  • みたログ 6,788

4.15 / 評価:1489件

面白い映画に理屈はいらない

  • 寅じろう さん
  • 2021年3月13日 11時58分
  • 閲覧数 948
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

近年のハリウッド映画はとかく理屈に走るか深刻ぶるかのどちらかだ。
何かと理屈を捏ねては無駄に上映時間だけが長く観客が置いてきぼりにされる。
インディジョーンズには理屈は必要ない、ただ楽しむだけだ。
この映画、あれだけ盛りだくさんなのに上映時間は127分。
ディテールに目をつぶり理屈を抜きにして楽しむ、そんな映画が少なくなったなあ。
150分超の映画が珍しくない近年においてスピルバーグはエンターテインメントのツボを心得ている。
監督の自己満足や理念についていけるほど観客は暇でも賢くもない、そしてバカでもない。
今の映画監督は映画を楽しむことを忘れていないだろうか。

この映画に強烈なスパイスを効かせているのはインディの父親ヘンリーだ。
昨年、逝去したショーンコネリーが生前、一番好きだった役がヘンリーだったという。
あのおとぼけた好々爺が本当に可笑しかった。
改めてご冥福をお祈りいたします。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ