レビュー一覧に戻る
インディ・ジョーンズ/最後の聖戦

インディ・ジョーンズ/最後の聖戦

INDIANA JONES AND THE LAST CRUSADE

127

rat********

4.0

よくまとまった非常に面白い作品!だけど…

なんと言ってもこの作品、豪華俳優の共演につきると思います。 まぁ、共演といっても、リバー・フェニックスはインディの若かりし頃で絡みはないのですが、当時、人気絶頂だった彼が演じるということで結構、話題になりました。 そして、父親役のショーン・コネリー!元々、インディ・ジョーンズも、007のようなアクション映画を目指したなんて話もあったような気がします。そこで本家のショーンが登場ということで、こちらも大盛り上がりでした。 ストーリーも、キリストの聖杯ということで、多少現実的でない部分もありましたが、充分楽しめる範囲内での脚色で、あまりご都合主義を感じませんでした。 ヒロインも、非常に魅力的な女性で、ちょっと捻りがあって…、おまけにボンドガールなみにセクシーな会話も良かったですね。 ショーン・コネリーは、かっての007なみのセクシーさを残しつつ、コメディ担当って感じで楽しませてもらいました。 いやー、まったく付け入る隙の無いほどピタッとまとまった一本でした。 だけど…。 何か、まとまりすぎて面白味が無いんだよね。場面場面も、ピンチピンチの連続で、ドキドキワクワク、次から次へと手に汗握る展開なんですが、結局、なんにも残らなかった。 思うに、メインが豪華すぎるわりに、敵がショボかった気がする。このバランスが大事だってことを痛切に感じた一本でした。 ところで、この作品ですっかり老け込んでしまったショーン・コネリーですが、今のハリソン・フォードは、当時の彼より年上なんですね。にもかかわらず、いまだにメインでアクションこなすなんて、ホンッとにスゴい! 5作目を作るみたいなんでビックリです。どんな話になるのでしょうか?SFでごまかすような話にならなきゃ良いけど… かなり、楽しみにしてます。

閲覧数1,449