ここから本文です

炎の人ゴッホ (1956)

LUST FOR LIFE

監督
ヴィンセント・ミネリ
  • みたいムービー 20
  • みたログ 175

3.72 / 評価:50件

テオに感謝

  • 柚子 さん
  • 2017年6月29日 16時24分
  • 閲覧数 938
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

ゴッホの絵が今、美術館で見れるのは、弟テオの献身的な愛があったから 精神を病み、苦しみながら、たくさんの名画を世に出したゴッホ 生存中には認められることなく、失意の中で弟テオに、「せめて画材代だけでも返したかった…」と、死に逝くシーンは、切なかった 名画を鑑賞しながら、カーク・ダグラスの乗り移ったかのような演技 見事だと思った

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 知的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ