ここから本文です

炎の人ゴッホ (1956)

LUST FOR LIFE

監督
ヴィンセント・ミネリ
  • みたいムービー 20
  • みたログ 176

3.67 / 評価:51件

画家という職業

  • yan***** さん
  • 2017年7月2日 22時33分
  • 閲覧数 814
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

守るべき家族がいるから、今日の生活、明日の担保、未来の保険、そんなことを日々考えながら波風立たぬように生きている。しかしながら、本編のゴッホや作家のジャック・ケルアックなど、子供がいるのに人生の全てを自分の目的の為に燃やしている。凄まじいエネルギーだ。
しかしながら、生前に売れた絵が1枚だけとは・・。
死後に取引される絵画の価格は、家族を何世代にも渡って養っていけるのに。
なんか、はぁ〜って感じだなぁ 。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ