ここから本文です

炎の人ゴッホ (1956)

LUST FOR LIFE

監督
ヴィンセント・ミネリ
  • みたいムービー 20
  • みたログ 175

3.72 / 評価:50件

現在に置いての作家の優劣

  • 沢口なつき さん
  • 2017年8月3日 14時57分
  • 閲覧数 843
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

同時期に活躍した作家としてゴーギャンやセザンヌ、マネ、エミール等々も出てきた。


彼らは生前成功していたがゴッホは違かった。


しかし、現在の評価ではどうだろうか

ゴッホなんて日本だけ、キュビズを生み出したセザンヌの方が価値が高いと評する人もいると思うがそこはやはり金額で勝負。


https://matome.naver.jp/odai/2133688564260969501


これを見るとゴッホの作品は数作品入っているが、最高値を重要視するとゴーギャンに負けている。


まぁ、とにもかくにもカークダグラスのチャームポイントのケツアゴが終始髭で見えなかったのは残念(笑)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 不思議
  • 不気味
  • 恐怖
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ