ここから本文です

ポランスキーの 欲望の館 (1972)

WHAT?/DIARY OF FORBIDDEN DREAMS

監督
ロマン・ポランスキー
  • みたいムービー 3
  • みたログ 66

2.92 / 評価:36件

最高の寝夢ファンタジー

  • tak***** さん
  • 2019年7月25日 11時49分
  • 閲覧数 952
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

物語を追っかけるから評価が低くなる。
これは、ある日の昼寝してみた出来事として観るべし!
つげ義春の「ねじ式」を知る人ならわかると思う。
主人公シドニーロームのうたた寝の中のものがたり。だからすべてに納得が行く。
、、、と言うより、よくぞここまで、うたた寝の夢を映画に作り上げてくれました!、、、と、感謝してしまう。
眠ってる男を起こしたら、「ほんとはオレがキミを好きで結婚式の夢まで見たんだ」なんて都合のいい話はまさに彼女の夢物語。
「たしかにキミの胸は素晴らしい」なんて言われる場面は、彼女の自分のバストへの自信がまさに夢に出てきてるわけ。
いきなりアメリカとヨーロッパが陸続きとかトンチンカンな旅行者の老夫婦が部屋に入って来た途端、自分の与えられた寝室はその二人の予約した部屋と化す、、、
「あした静かなところで会わないか」と最後まで言い続けるマストロヤンニのこのセリフは夢を見てるロームの思い出の言葉なんだろう、、、そんな、夢としてみたら、これほど見事な作品は他にない!
もちろんシドニーロームの濡れ場を期待したわたくしには、このタイトルをつけたスタッフに舌噛んで死んじまえと言いたいが、、、

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • セクシー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ