レビュー一覧に戻る
ポリスアカデミー'94/モスクワ大作戦!!

ポリスアカデミー'94/モスクワ大作戦!!

POLICE ACADEMY: MISSION TO MOSCOW

83

kei********

2.0

「迷子の警察学校長」

これまでは毎年製作していましたが、7作目は前作から5年経って製作されています。そのせいなのか、ハイタワーやフックス、ハリスの腰巾着であるプロクターがいなくなっていました。 6作目でリーダー格だった校長の甥もいなくなり、代わりの人が入っていました。1作目からリーダー格の人間には周りと比べてインパクトがない人が多い気がします。このポジションをもう少しカチッと固めていれば違ったのかなと思ってしまいます。 私にとってこの「ポリスアカデミー」シリーズに欠かせないものが4つあります。それはテーマ曲、ジョーンズ、ラサール校長、ハリスです。これらがなくなっていなかったのがせめてもの救いでした。 1作目から同じテーマ曲には何かを期待してしまう楽しい感じがあります。このテーマ曲がなければ「ポリスアカデミー」ではないと言えるほど深い結びつきです。 私が「迷子の警察音楽隊」を観る前に予想していた内容が、今作のラサール校長の話とほぼ一致していました。あくまでサブストーリー扱いなので、あまり時間は割かれていません。それでもラサール校長の人柄をうまく使っているので、私はとても好きでした。 ただ、メインストーリーが初海外のロシアになっただけで、それほど面白いものではありませんでした。5作目のようにラサール校長頼みにしても、今作のように海外に移しても1、2作目ほどパッとしなかったので限界かもしれません。 初期型のゲームボーイに時代を感じました。しかも冒頭のキャスターはカセットを入れていない気がしました。その部分を強調しているようだったので笑うところだったのでしょうか?他にも初期型なのにカラー表示されていたことや通訳の意義が薄れてきていることなど突っ込みどころは満載でしたが、「ポリスアカデミー」では細かいところは気にしないのが一番です。

閲覧数741