ここから本文です

ポリスアカデミー5/マイアミ特別勤務 (1988)

POLICE ACADEMY 5: ASSIGNMENT MIAMI BEACH

監督
アラン・マイヤーソン
  • みたいムービー 2
  • みたログ 195

2.38 / 評価:26件

公開当時パンフレットの解説より

  • ハタケ さん
  • 2010年12月12日 17時35分
  • 閲覧数 488
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

やって来ましたァ、ポリ・アカのシーズン・イン・ザ・サン!今や世界最強と化した笑激のパワーはとどまることを知らない。第1作「ポリス・アカデミー」以来、シリーズ4本が全世界から頂ダイしたご褒美は、4億5千万ドル。ノリにノッて元気印で迎えた第5ラウンド。この春の全米興行では「グッドモーニング・ベトナム」の連続10周トップの野望を打ち砕き、堂々首位の座をもぎとってしまった!やっぱり制服の集団パワーにまさるものはない。
さて今回は、活躍の舞台が太陽サンサンのマイアミ。アカデミーのシンボル&アイドルのラサール校長がマイアミの警察総会で永年勤続を表彰されることになった。なんともオメデタイ話である。が、しかし、当の本人はちっともうれしそうでない。実は彼、定年引退の日がもう秒読み体制に入っていたからだ。
それを知った元教え子たちがアジなことを考えついた。この機会に校長といっしょにマイアミへくり出しパーッと派手にやって彼を元気づけようというのだ。
ところが、とんでもないトラブルメーカーが2組も、ポリ・アカ一行と共にマイアミへ乗り込んでしまった。一組は懲りもせずアホな陰謀をめぐらして、校長の後釜を狙おうとするハリス部長の一派。もう一組は300万ドルのダイヤ泥棒の一味である。しかも運の悪いことにラサールは盗まれたダイヤ入りのカバンを間違えて手にしてしまったからタイヘン。ラサールは一味に誘拐されてしまい表彰式どころの騒ぎではなくなった。
手に汗にぎる珍騒動のうちに話はクライマックスへ突入。エバーグレーズの大沼沢をバックにポリ・アカ軍団と泥棒一味が追いつ、追われつの大チェイス!!教え子たちによる恩師奪回作戦は……。はたしてケーサツの威信は守られるのか!!
笑いのスーパー・キャラクターには心優しき怪力超人ハイタワーのババ・スミス、拳銃狂タックルベリーのデビッド・グラフ、人間効果音ラーベル・ジョーンズのマイケル・ウィンスロー、スゴ腕ボインのキャラハンにレスリー・イースターブルック、内気なフォクスのマリオン・ラムジー、マイペースな校長ラサール役のジョージ・ケインズ、悪漢ハリス署長のG・W・ベイリーらに加え5代目ポリ・アカガールには「コーラス・ライン」のジャネット・ジョーンズ。ラサールの甥役でマット・マッコイが新参加。チーム・リーダーだったマホニー役スティーブ・グッデンバーグの不在を補い大活躍を見せてくれる。
舞台となるマイアミにオール・ロケを展開し、やっていることは変わりないが、目先の趣向をちょっと変えてみたシリーズ第5弾。ここまできても、笑いのパワーには、いささかのトーン・ダウンも見られない。なかなかどうして、アメリカン・コミックのツワモノたちによる仕事ぶりには脱帽なのだ!!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ