ここから本文です

ボルサリーノ (1970)

BORSALINO

監督
ジャック・ドレー
  • みたいムービー 52
  • みたログ 357

3.81 / 評価:108件

フランス2大スターの競演が最大の見所だ!

  • hoshi595 さん
  • 2018年7月17日 3時49分
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

ギャングの映画だが、ハッキリ言ってしまえばストーリーはどうでもいいのがこの映画の特徴である。

何しろフランスを代表する2大スターのジャン=ポール・ベルモンドとアラン・ドロンが共演というだけで盛り上がってしまうほど、夢の共演作であり、正に”競演”で熱い演技をみせてくれる。

二人の共演と言えば、無名時代に「黙って抱いて」で共演しているので、本作品が初めてではないのだが「勝手にしやがれ」を出世作に大スターになったジャン=ポール・ベルモンドと「太陽がいっぱい」を出世作に大スターとなったアラン・ドロンが対等に主演を務める作品は簡単には実現しないからこそ価値ある作品になった。

実はアラン・ドロンは本作品の制作にも関わっていて、対等に扱うことを条件に二人の共演が実現した様だが、出来上がった映画ではアラン・ドロンの方が良く描かれていると不満だったとかいう噂もある。しかし、アラン・ドロンの引退作になった「ハーフ・ア・チャンス」では再び二人の主演が実現しており、最後は円満に収ったようで嬉しい限りである。

主役の二人以外では、後に「友よ静かに死ね」でアラン・ドロンと共演するニコール・カルファンと「雨の訪問者」にも出演しているコリンヌ・マルシャンの二人の女優と、男優のクリスチャン・ティリティレなどの脇役が印象的だ。

又、忘れてはいけないのが主題歌で、そのメロディが流れてくると哀愁に満ちた二人の姿が浮かび上がってくる名曲で、何とも言えない良い雰囲気に浸ることが出来るのである。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • 切ない
  • セクシー
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ