ポルターガイスト

POLTERGEIST

115
ポルターガイスト
3.6

/ 421

18%
36%
37%
7%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(85件)

恐怖15.5%パニック12.7%不気味12.4%勇敢8.2%不思議8.2%

  • yyb********

    5.0

    とある一家を

    とある一家を襲ったポルターガイスト現象による恐怖を描くホラー映画。さほど恐さを感じなかった作品であるが、ポルターガイスト現象が襲いかかって来るシーンは凄まじい。ラストの家が縮んでゆくシーンは一体どうやって製作されたのか今だに分からず。

  • JUNJUN

    4.0

    感想

    ファミリー向けのホラーです。しかしスピルバーグ、ラストシーンなどはらしさ満載の映像です。何気に音楽も良し。

  • le_********

    3.0

    子供目線を意識した映画だが、以後つづくこの種の作品の先駆となったことを確認できる

    監督:トビー・フーパー、脚本:スティーヴン・スピルバーグ、マイケル・グレイス、マーク・ヴィクター、製作:スティーヴン・スピルバーグ、フランク・マーシャル、撮影:マシュー・レオネッティ、編集:マイケル・カーン、SFX:リチャード・エドランド / ILM、音楽:ジェリー・ゴールドスミス、主演:クレイグ・T・ネルソン、1982年、115分、配給:MGM/UA Entertainment Co.、原題:Poltergeist スティーヴ・フリーリング(クレイグ・T・ネルソン)は、妻ダイアン(ジョベス・ウィリアムズ)と3人の子供たちで、新興住宅街の大きな家に住んでいる。スティーヴは不動産会社の営業マンで、自宅は自分の会社の売っている住宅街にあった。 ある晩、テレビ番組が終わり、国歌が流れたあとの砂嵐の画面になると、次女キャロル・アン(ヘザー・オルーク)がその前に行き、テレビの中の誰かと会話するという奇妙な現象が起きる。これに続き、嵐の夜、長男ロビー(オリヴァー・ロビンス)が、窓の近くにある木が両手を広げるようにして窓の中に入り込み、さらわれ、幹の中に取り込まれようとする。スティーヴが庭に飛び出し、ロビーはからくも救われるが、こうしたいわゆるポルターガイストといわれる奇怪な現象はさらに続き、ついにキャロル・アンが行方不明になってしまう。・・・・・・ かつて映画館で観て以来の鑑賞。 当時としては画期的な SFX など visual effect を駆使し、奇怪な現象の起きる理由も台詞の中に入れている。結局、心理学者や霊媒師の活躍と家族の協力により、アンは無事に戻ってくる。 奇怪な現象や悪霊のいたずらをテーマにしているが、サスペンスタッチの内容ではなく、子供たちにもわかるようなコメディ仕上げとなっている。冒頭から、リモートコントロールで動く自動車や、カナリアが死んだあとの始末のつけ方など、キャロル・アンがまだ幼いこともあり、子供目線を意識した展開だ。 その後の技術の進歩もあり、今さら特に驚いたり感動したりするような内容ではないが、40年前の作品であり、以後つづくこうした作品の先駆であったことを確認することができた。 ジェリー・ゴールドスミスののどかな音楽も、本作品が初めから、シリアス一辺倒のサスペンス映画ではないことを知らせてくれる。

  • baw********

    1.0

    子供向け映画

    大人は観ない方がいいです。

  • スーザン

    2.0

    ファミリー向けお化け屋敷。

    『悪魔のいけにえ』のトビー・フーパーも、スピルバーグが制作だとこんな映画になる。 お化け物ではあるが、家族愛を中心にしたファミリー映画。 怖くもないし面白くもないのは、古さのせいではないと思う・・・。 この映画のいわゆる“いわくつき”の方がよっぽどゾッとする。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


クレイグ・T・ネルソンスティーヴ・フリーリング
ジョベス・ウィリアムズダイアン・フリーリング
ヘザー・オルークキャロル・アン・フリーリング
ビアトリス・ストレイトドクター・レッシュ
ドミニク・ダンダナ・フリーリング
オリヴァー・ロビンスロビー・フリーリング
ゼルダ・ルビンスタインタンジーナ・バロンズ
ジェームズ・カレンミスター・ティーグ
マイケル・マクマナスベン・タットヒル

基本情報


タイトル
ポルターガイスト

原題
POLTERGEIST

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-

ジャンル