ここから本文です

ホワイトナイツ/白夜 (1985)

WHITE NIGHTS

監督
テイラー・ハックフォード
  • みたいムービー 56
  • みたログ 388

3.78 / 評価:122件

ミハイル・バリシニコフ

  • aad******** さん
  • 2018年8月28日 3時32分
  • 閲覧数 1521
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

若い頃、映画館で観た時は、ダンス以外はそれほど感動しなかったのですが、この間、ペイテレビでやってたので再度観ましたら、素晴らしいなと。

とはいえ、やっぱり冒頭のバリシニコフの踊りには圧倒されます。タップダンスの人も、すごくて、ダンスだけでも十分堪能です。

好み的には、やっぱりバリシニコフの硬質でゆるぎないテクニックがすごい。全くブレないピルエット11回は何気に圧巻。

タップダンスの人は、歌もよくて、伸びのある声が素敵です。

ダンスだけで十分なんですが、ストーリーも結構良くできていると思います。ダンスのシーン以外は退屈、なんてことはありません。シンプルですが、サスペンスフルで、最後まで飽きさせないし、当時のソ連の閉塞感とか、雰囲気が伝わってきます。主演以外の俳優陣もなかなか素晴らしいです。

ロッセリーニが初々しくて綺麗です。それと、ヘレン・ミレンも素敵です。彼女が出ていたのをすっかり忘れていました。この時から、さらにキャリアを重ねて大物になっていくんですから、すごいですね。

ところで、今回、バリシニコフが、意外と小柄であることを知りました。これまで全然気づきませんでした。やっぱり大物は大きく見えるんですね。


録画して、観た後消そうと思ったんですが、どうも消しがたいので、保存版にしておくことに。

すごく遅ればせながら、自分がバリシニコフのファンだと気づかされました。
年配になってからもシブくて素敵だけど、この頃もかっこいいですね。

彼は、映画の中でも、亡命したソ連人のバレーダンサーですので、本人と重なるんですが、彼のマネジャー役の女性が、ソ連に囚われの身となった彼を取り戻したくて、領事館で懇願するんです。

「お願い、彼は世界の宝なのよ」

英語では、宝とか言ってないんですが、このセリフがとても印象に残る名セリフでした。実際にも、まさに至宝といえるダンサーなんだなーと、公開当時も思いましたし、今も。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ゴージャス
  • セクシー
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ