ここから本文です

ホワイトハンター ブラックハート (1990)

WHITE HUNTER BLACK HEART

監督
クリント・イーストウッド
  • みたいムービー 19
  • みたログ 279

2.91 / 評価:92件

映画化するとは、の見本

  • kinchan3 さん
  • 2017年7月27日 10時13分
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

 村上春樹の『騎士団長殺し』で「ジャングル通信」というのが出てくる。ジャングルでは別のルートで通信が行われるということなのだが、この映画にもTalking drumが出てきて「白い狩人、黒い心」と伝えられる。

 2度めで、『アフリカの女王』も好きで、この映画の原作も持っていて、アフリカも行ったことがあり、評価するのにはぴったりの人間だと自負する。

 で、見ていて、この映画だけではやっぱり足りないと思う。
 キャサリンの気の強さなどがよくわからないし、現場の混乱だって、もっとすごかったはずだ。
 キャサリンの登場が後半だということも関係があるだろう。
 それにイーストウッドはボギーとは違うテイストだ。

 象を撃つことが当時の白人にとってどれだけの意味があったのか、考えてしまう。ヘミングウェイはなんて思っていたのだろうか。
 ツァボで象の大群を見たことがあるが、荘厳なものだった。
 神はこんな巨大なものまで創造したのだ。
 だって、誰がこんなものを想像できる?

 単行本で買ったのだけど、まさか文庫本になり、中古だと1円で売られるようになるとはさすがに想像できなかった。
 
 ばっかなことだけど『愛と哀しみの果て』で涙するのがせいぜいの人間だったと知った。どちらも白人のオリエンタリズムであることに変わりはない。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • 絶望的
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ