ここから本文です

ポンヌフの恋人 (1991)

LES AMANTS DU PONT-NEUF/THE LOVERS ON THE BRIDGE

監督
レオス・カラックス
  • みたいムービー 236
  • みたログ 1,135

3.83 / 評価:271件

レオン・カラックス、好きだなあ。

  • くま既知 さん
  • 2021年8月5日 19時32分
  • 閲覧数 149
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

オムニバスのTOKYO!の短編で
この人の作品を初めて見てそれからこの作品。
本来ある綺麗でないフランスを描き
それでいて当時監督とジュリエット・ビノッシュは付き合っていたとか、色々話題に事欠かない背景ですが

私は何よりも欠けたものがある人々の感情のぶつけ合いと逃避、依存を丁寧に描いているなと感じました。

どれだけチャカチャカカメラを動かしてもカラックスの味が際立つし役者がもつ間のとり方の自然さに惚れましたね。

終盤になって映るビノッシュの顔が全てを物語っているなと。

10代、20代で観てたらまた感想全然違うかもしれないけど四十路には効いたね。

本当の底辺で生きる辛さ、睡眠薬なしで眠れない不眠症、酒、煙草、と。

私も実は不眠症で睡眠薬なしでは眠れないのです。

だから眠れないイライラとかは分かる。

いちいちカメラワークが好きだな。

あのホームレスの元守衛のおじさんの階段からの・・・にはちょっと泣けた。

結局書いた本当の絵は見せないんですよ、そこがまたいい。

観る人を選ぶ映画だと思うけど私は更にレオン・カラックスにハマった。

他のも観ようっと。いい時代だった。今では。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ