マイアミ・ブルース
3.0

/ 9

11%
11%
44%
33%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(2件)


  • hir********

    5.0

    アレック・ボールドウィン作品中BEST!

    どーも! 只今、「深川東宝2」から帰って参りました。 いや~、大画面での「荒野の七人」最高でした。(しかも吹き替えだったし・・・) 「ドラゴンへの道」も、敵のチンピラに楳図先生に似た奴がいたり、楽しかった。 やっぱ、名作は不滅ですな、オヤジ8人興奮しまくりでした。 次週は、マカロニ特集、 「荒野の用心棒」「ジャンゴ」「怒りの荒野」の予定!!生きてて良かった! 俺も「シネマルーム」欲しくなりましたな・・・ 長川の話によると、「ブルーレイ」で観ると、もっと凄い!との事。 「ゴッドファーザー」や「プラトーン」なんか、ブルーレイで観てみたいなぁ・・・ さて、俺はと言うと、相変わらずDVD未発売の、掘り出しビデオ三昧。 今回は、大好きな「マイアミ・ブルース」で、ゴンス。 入れ歯刑事のフレッド・ウォード。 気のいいコール・ガールのジェニファー・ジェイソン・リー それに、「私の中のあなた」にも出ていたアレック・ボールドウィン。 彼の作品中、コレが一番好きだな・・・いかにも、チンピラで・・・ 1990年作品かぁ・・・この頃は、アレックも痩せてたよねぇ・・・ 入れ歯を、バーボンに浸して寝るウォード、ハードボイルドしてたよね。 ババアにチョン斬られた指を、ヒーヒー言いながら袋にかき集めるボールドウィン。 最高でしたな・・・・ オープニングの「スピリット・イン・ザ・スカイ」から、ケダルイ感じで、 ケチなチンピラと、シケタ刑事の「追いつ追われつ」が愉快!! 娯楽アクションとは、コレです。 出て来る連中が、皆、ゴキブリ以下なのが素晴らしい。 「ニセ刑事」になりすまし、変な正義感に目覚めるボールドウィンが、せつない。

  • sof********

    4.0

    チャールズウィルフォード原作の映画化

    チャールズウィルフォード原作の部長刑事ホウクモウズリーシリーズの 1作目を映画化した本作。原作を上手く映像化していたと思います。 原作では中年刑事の悲哀が描かれている感じでしたが、映画では アレックボールドウィン演じる刑務所帰りの犯罪者が主役な感じです。 臆面もなく犯罪を犯しますが、描き方が良いので憎めません。 恋人のジェニファージェイソンリーもけなげで、よかったです。 刑事役のフレッドウォードは今作ではじめて知りましたが、良い味 出してて、ファンになっちゃいました。 公開当時の評判は分かりませんが、チャールズウィルフォードの小説が 映画化されていないので、そんなでもないのかなと思います。 エルモアレナードみたいにもっと映画化されてもよいと思います。 特に「危険なやつら」の映画化を希望します。

1 ページ/1 ページ中