ここから本文です

マイ・フレンド・フォーエバー (1995)

THE CURE

監督
ピーター・ホートン
  • みたいムービー 815
  • みたログ 2,577

4.67 / 評価:729件

✖友よ永遠に ○治療法

  • なんた さん
  • 2015年3月1日 5時12分
  • 閲覧数 1443
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

 マイ・フレンド・フォーエバー、普通に感動しましたが、それは心に暗部を持つ孤独な少年二人が、互いに引き合い、親友となり、沢山の思い出をつくり、永遠の別れを迎えるという話だったから。
 でも、原題がThe Cureと知ってから振り返ると、「研究者が見当違いの方を向いていたら」的なセリフが重要だった事に気づいた。
 つまり、本当の意味で病人を治すのは葉っぱや薬ではなく、人間の心であると。
 生き生きとした生き方が患者の心を治し、友情が弱い心を治し、親の愛が子供の傷ついた心を治し、愛の有る人間の言動が愛の無い人間の歪んだ心を治す。

 以前からこの映画の存在は知っていたが、邦題のせいで食わず嫌いしていた。私は涙腺が固まっているので、こんな友情物語で絶対心なんか動かないと思っていて、それを再確認する為に借りて見たのだが、意外にも涙こそ出ないが心は動いた。原題を知って更に動いた。

 少年二人、はまり役でしたね。
 あと、題名って結構重要なんだなということを学んだ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • 勇敢
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ