ここから本文です

マイ・フレンド・フォーエバー (1995)

THE CURE

監督
ピーター・ホートン
  • みたいムービー 813
  • みたログ 2,567

4.46 / 評価:721件

珠玉の1本

  • pip***** さん
  • 2019年5月8日 16時09分
  • 閲覧数 696
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

この様に、結構重厚な内容を子役を使ってあまり重苦しくならない
仕上がりにする旨さは日本映画とアメリカ映画の違いである。
日本映画だと悲壮さが前面に出てしまうがこの映画は子供の発想の
可愛らしさも出ていてなかなかの作品である。
エリックとデクスターの真の友情が薬草作りや船旅に凝縮されて光
る演出である。
そして、デクスターの母親の子に対する本当の理解と思いやりがひ
しひしと伝わり後半はほろりとさせられる場面が多くこの映画の魅
力となっている。
最後のデクスターの棺でのエリックの行動以降は本当に粋な演出で
ある。
是非、多くの人に見てもらいたい珠玉の1本である。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 楽しい
  • 悲しい
  • ロマンチック
  • 切ない
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ