ここから本文です

マクベス (1948)

MACBETH

監督
オーソン・ウェルズ
  • みたいムービー 4
  • みたログ 18

4.00 / 評価:7件

骨太ウェルズ

  • すかあふえいす さん
  • 2014年4月26日 13時34分
  • 閲覧数 563
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

オーソン・ウェルズの傑作。

「市民ケーン」なんて“あんな”映画ばかり持ち上げて他の作品を褒めないどころか見ない連中には心底反吐が出るが、ウェルズの「オセロ」や「マクベス」を褒める連中はよく解ってる。
明らかに「市民ケーン」よりも後の映画の方が遥かに優れているし面白い。




「マクベス」は後の「オセロ」に続く演出はもちろん、ウェルズのシェイクスピアへの尊敬と挑戦が凝縮された傑作だ。

例えば、中盤の女が石の階段を上っていく様子をワンショットに収めたカメラワーク。
「黒い罠」の冒頭を思い出すようなショットだ。これが後の「黒い罠」の見事なシークエンスに繋がっていくのだろう。

ファースト・シーンと言えば、本作の出だしも強烈なものだ。
おどるおどろしい雰囲気、濃霧の中で怪しげな儀式を繰り返す三人の魔女。そこに居合わせた騎士二人。
二人の呪われた物語はここから始まっていく・・・素晴らしいファースト・シーンだ。
一人の男が如何に栄華を極め、如何に仲間を裏切り、如何に滅んでいくか。その過程の凄まじさ。
正に「市民ケーン」だが、張り詰めた緊張の糸は最後の最後まで持続される。

この作品はシェイクスピアの舞台劇を演じるように、重厚なドラマとセリフで魅せてくれる。派手な戦いの場面がない代わりに、心理面での葛藤や恐怖がマクベスを常に襲う。
魔女の予言で狂う男、女、男!
冠を頂く姿の不格好さは、まるで小人が一時の権力に溺れたような滑稽さを感じさせる。
ラストの決闘は少ない時間ながら鬼気迫る演出だ。
マクベスは玉座で黙って傍観するような器ではない。剣を奮って戦うマクベスの活き活きとした表情を見れば、一目瞭然だ。
首を斬り落とす場面の繋げ方が面白い。



シェイクスピアに挑んだのは黒澤明もそうだが、やはりウェルズの骨太さには及ばない(というより、黒澤は空気を重視しすぎて愚鈍な印象)。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ