マシンガン・パニック

THE LAUGHING POLICEMAN

114
マシンガン・パニック
3.2

/ 34

12%
15%
59%
12%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(17件)

恐怖19.4%不気味16.1%勇敢12.9%パニック12.9%知的12.9%

  • ech********

    3.0

    読んでないとわかりづらいです

    有名な警察小説の映画化ですので読んでる前提でしょう。 原作は次々と人が出てきて、何度もページを戻さないと理解できませんので、映画はかなり簡潔にまとめているようです。それでも未読の人には少しわかりにくいでしょう。 地道な警察の捜査を描く小説なので、映画も淡々と進みます。原作に忠実で良しとするか、もう少し映画的にメリハリつけて欲しいと思うかは人それぞれでしょうね。 とりあえず主演がマッソー選手なので安定感はありますけど。

  • kak********

    3.0

    マルティン・ベックシリーズ第4作を映画化

    原作は、ペール・ヴァールー&マイ・シューヴァル夫妻共著の「笑う警官」。マルティン・ベックシリーズ第4作に当たるが、アメリカ探偵作家クラブが優れた長編推理小説に与えるエドガー賞長編賞受賞作品である。ちなみに翌年はフレデリック・フォーサイス著の「ジャッカルの日」が受賞し、こちらも映画化されている。 物語は、冒頭から派手な乱射事件が発生しギャング映画のような出だしではあるが、犯人像が浮かびにくく捜査に手こずることになる。原作では、スウェーデンのストックホルム警視庁の刑事だが、映画では、アメリカのサンフランシスコが舞台になっている。 主役は「シャレード」や、ジャック・レモンとのコンビで有名な「おかしな二人」で知られるウォルター・マッソー。相棒役は、「ファミリー・プロット」や「ブラック・サンデー」など、個性的な役で印象が強いブルース・ダーン。共演は、「愛と青春の旅立ち」の軍曹役を務めたルイス・ゴセット・ジュニアなど。 マルティン・ベックシリーズは全10作だが、著者は10作全体で一つの犯罪小説を意図したようで、「犯罪の物語」というシリーズ名がつけられている。 この機会に、全10作品の題名を紹介したい。 1.「ロゼアンナ」 2.「煙に消えた男」 3.「バルコニーの男」 4.「笑う警官」(本作品の原作) 5.「消えた消防車」 6.「サボイ・ホテルの殺人」 7.「唾棄すべき男」 8.「密室」 9.「警官殺し」 10. 「テロリスト」 「笑う警官」以外では、「唾棄すべき男」がスエーデン国内で映画化されているが、邦題は「刑事マルティン・ベック」になっている。 本作品の監督は、ロバート・レッドフォード主演「ブルベイカー」を手がけたスチュアート・ローゼンバーグ。犯人捜しという点では、推理小説のような緻密な謎解きは見られないものの、主人公の生活や性格の描写から人物像は良く伝わってきて、人間的魅力を前面に出す演出で楽しませてくれる。

  • rec********

    2.0

    風化したなあ

    10代の頃『悪魔の棲む家』を観た。『暴力脱獄』を観た。『ブルベイカー』に『さすらいの航海』を観た。スチュアートローゼンバーグを知った。それも遠い昔の話になった。あらゆる意味で経年風化。こんな映画はどの国にもたくさんある。ただし自然光は70年代の魅力。マッソーとダーンが徹夜明けに朝日を浴びるシーンは良かった

  • mal********

    2.0

    整理不足の脚色が残念です。

    1976年に公開された映画です。 題名に”パニック”がついてますが、これは公開当時”パニック映画”が流行していたから、配給会社が勝手に付けたんだと思います。本作と同じくウォルター・マッソー主演による「サブウェイ・パニック」もあったからという感じもしますが、おそらくそうなったんでしょう。 本作にが原作があります。スウェーデンを舞台にした計10作からなる”刑事マルテイン・ベック・シリーズ”で、本作はその中でも特に傑作とされる「笑う警官」をアメリカに舞台を移して映画化されたものです。 ただ脚色しすぎて、途中で誰が誰やら&何が何やらわかりにくい展開になり、正直原作の面白さにはかなり及びません。もし、もう少し整理して本作が映画化していたなら、それなりにシリーズ化されていた可能性もありますが、今回3回目の鑑賞でも残念ながら期待以上の面白さは感じませんでした。 なので、本作を観てストーリーが分かりにくかった方、楽しめなかった方は是非とも原作を読んでほしいと思います。

  • いやよセブン

    3.0

    笑う警官

    スウェーデンの傑作ミステリー、マルティン・ベックシリーズの「笑う警官」をハリウッドで映画化したもの。 路線バスで乱射事件が起き、多くの死者が出る。 それからの捜査はとても地味、北欧の天気には合うが、ニューオリンズではね。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
マシンガン・パニック

原題
THE LAUGHING POLICEMAN

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-