ここから本文です

M★A★S★H マッシュ (1970)

MASH/M*A*S*H

監督
ロバート・アルトマン
  • みたいムービー 80
  • みたログ 907

3.30 / 評価:251件

戦争の愚かさを伝える映画 プランB

  • ジャックバウアー さん
  • 2010年12月8日 23時33分
  • 閲覧数 471
  • 役立ち度 13
    • 総合評価
    • ★★★★★

普通、戦争という行為の醜さ、愚かさを伝えようと思えば、
リアルな描写、悲しい事実、過酷な戦場、つらい後遺症なんかを盛り込んでシリアスな作品を作ります。
「プラトーン」、「キリング・フィールド」などなど。

上記を、戦争の愚かさを伝える映画のプランAとするなら、この映画は間違いなくプランBにあたります。
全体がコメディ調なこの作品ですが、そこはアルトマン監督。
ピリリと風刺が効いてるし、しっかり戦場の過酷さも描写してます。
そのバランスがお見事。

ハチャメチャな軍医3人組ですが、仕事はパーフェクトにこなしてます。
しかも過酷な医療環境、過酷な勤務時間、過酷な人員にもかかわらず。
そして、仕事に時間以外はめちゃめちゃハメをはずしてます。
頭が固くて気に入らない上官たちの情事の声を録音し、基地内に流したり、
シャワー中にテントを御開帳してしまったり。

でも、経験ないんで断定はできませんが、ああいった現場では
思いっきりおバカなことでもしていないと、人として理性を保てないのかも。
コメディの中でそういうことを考えさせられると、予想以上に響いたりします。

ただのコメディにも見えるし、皮肉たっぷりの反戦映画にも見えるし、
過酷な現場で勤める兵士への激励映画にも見える。

アルトマン監督、やっぱり凄いね。

あと、基地での終末の楽しみとして、毎回映画観賞会が開かれてるところにアメリカ人にとっての映画の占める位置の大きさを感じました。
戦争映画ばっかりでしたが(笑)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • 悲しい
  • 勇敢
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ