ここから本文です

M★A★S★H マッシュ (1970)

MASH/M*A*S*H

監督
ロバート・アルトマン
  • みたいムービー 80
  • みたログ 908

3.30 / 評価:252件

硫化水素イド イズ ペインレス

  • tmt******** さん
  • 2008年5月1日 0時35分
  • 閲覧数 370
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

マリリンマンソンが主題歌をどシリアスにカバーし、Winnyによる画像流出が世間を賑わせる現代では、この映画を素朴に楽しむのは難しい。落ち込む男を慰めるために半ば騙されるように体まで提供させられるような女の描写は当時でもフェミニストに追及されたらしい。この映画は女性の置かれた現実も描いていると言い切るロバートアルトマンのオーディオコメンタリーが面白い。嫌な女性将校に一泡吹かせるために、シャワーを浴びているテントの前にずらっと椅子を並べて勢揃いしてから横幕をめくり上げて、うろたえる女と裸体をみんなで鑑賞するという有名なシーンも、女の嫌がり方がリアルで笑うに笑えなかったりする。グロテスクな手術場面と同様、単に面白おかしい艶笑コメディを目指しているだけならそういう描写はいらない要素だ。主人公二人も決して厳しい状況を軽やかに生き抜くたくましいキャラクターというわけではないらしい。監督に言わせれば「精神年齢が十代の自己中心的な男たち」である。観客がスカッと楽しんだり人物に感情移入したりすることを拒むそうした意図はしかし成功しているとは言い難い。偏見に満ちているとアルトマンが唾棄する大人気のテレビシリーズを生むことになる結果は、普通におちゃらけた日本描写を日本人として見ていても自然なことに思える。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ