ここから本文です

マッドマックス/サンダードーム (1985)

MAD MAX BEYOND THUNDERDOME/MAD MAX 3

監督
ジョージ・ミラー
ジョージ・オギルヴィー
  • みたいムービー 55
  • みたログ 1,630

2.76 / 評価:664件

私の中では最高~のイカレ映画!

  • ばらかん さん
  • 2015年6月25日 22時18分
  • 閲覧数 3265
  • 役立ち度 8
    • 総合評価
    • ★★★★★

「3」は、必ずこける!!
この法則を念頭に置いて観れば、最高に面白い映画!
確かに半ばの子供達の冒険シーンは退屈だが、
前半のバータータウン入場からサンダードームでの死闘。
後半の、ど派手なカーチェイスは今観ても最高~のイカレ具合!

まず、ティナターナーが取り仕切るバータータウン一味。
そんなに悪い奴らではない。
あのカオスな時代に、法を整備しインフラを整え、アレだけ統率が取れた部隊を組織し、住民に”適度な娯楽”を提供するのはかなりご立派。

むしろ、マスターの方が欲張りすぎたのかも。

そして、NO2のアイアンバーン!
なんだか知らないが謎の能面をこよなく愛するは、

暇さえあれば部下と変な力比べゲームを楽しむは、

逃げたマックス達が乗るトラック型電車を、人力式トロッコで一人で追いかけ追いつくは、

5~6回殺されてたが、直ぐに復活するは(最後も生きてて欲しい!)

あげくにセリフの大半が、かけ声と雄叫びという

私がこれまで観た映画の中でもベスト5に入る最強キャラ!

そしてティナターナー。
砂漠に一つの街を作り上げた手腕。
ならず者を仕切るあの統率力。
街が崩壊間近にもかかわらず名演説で士気を取り戻すカリスマ性。
自ら危険な現場にも出張って行くリーダーシップ。
そして、「やるじゃないか。男だね~」の一言で、遺恨を断ち切るあの潔さ。
私にとっては理想の上司象でした。

音楽もサックス、金属音を多用したヘビーなリミックス。

敵キャラも、上半身裸にプロテクターに、モヒカンと世紀末なファッション。

カーアクションもコミカルながらも、「1」「2」に劣らない迫力。

なによりもオーストラリアで撮影されたため、自動車のハンドルが右ハンドルという親しみやすさも私は好きです。

「マッドマックスシリーズ史上、最悪の作品!」
と足蹴にせず、結構喰える「3」作品として観てみてはいかがでしょうか?

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • ゴージャス
  • 不思議
  • 勇敢
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ