真夏の夜のジャズ

JAZZ ON A SUMMER'S DAY

86
真夏の夜のジャズ
4.1

/ 63

33%
49%
16%
0%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(13件)


  • mai********

    5.0

    この瞬間に争いはない

    ルイ・アームストロングさんにセロニアス・モンクさん ジャズ界が誇る超一流アーティストの演奏に歌に酔いしれる一夜。 この瞬間にあるのは歓喜と興奮と笑顔と拍手だけ。 白も黒も黄色もない。 老いも若きも男も女もない。 ただただ超一流の演奏に、歌に酔いしれるだけ。 1958年なんだという事に驚くばかり。 キング牧師によるワシントン大行進が1963年の出来事なんだから… こうやって平和でいられる。 隣に誰がいようと何も問題はない。 ステージに上がる演者が誰であろうが問題はない。 ただそこに音楽があり… ただそこに音楽を楽しむ人たちがいる。 それで充分。 そこに争いはない。 ステージを降りれば『グリーンブック』のような出来事もあったのでしょうが 映されていく観客の表情を見ていけば 差別することに何の意味もなかったことがわかります。 音楽の前にはどんな境界も存在しない… 2021年4月29日前橋シネマハウスで鑑賞

  • kat********

    5.0

    最高級

    最高の音楽、どんな条件で見ようと最高 映画についてレビューしてほしいものです。↓ エンタメ等と称し・・・・な音楽を聴いてどこが楽しいのか全く理解できない。時代がちがいますか?。したり顔で他人の行動を制限するなタコ。

  • nag********

    5.0

    ジャズライブの復活はないか

    ライブ会場とヨットレース、国力の違いを見せつけられました。マヘリア・ジャクソンには涙でした。ビール片手にジャズライブの復活を。

  • tak

    4.0

    素敵な音楽の前にジャンルも人種も関係ない

    生演奏の音楽に身を委ねる快感…コロナ媧でしばらく味わっていないことの一つだ。そんな2020年に、リバイバル公開された「真夏の夜のジャズ」は、1958年のニューポートジャズフェスティバルのドキュメンタリーフィルム。名前は知っていても演奏する映像をじっくり観たことがないアーティストたちの競演の迫力に圧倒される。 クラシック映画に夢中になったおかげで、"サッチモ"ルイ・アームストロングの演奏や喋りは数々の映画で観る機会があった。「ハロー・ドーリー」「五つの銅貨」「上流社会」「グレン・ミラー物語」エトセトラ。「真夏の夜のジャズ」で観るステージはさらに魅力的だ。演奏前のお喋りで観客の心をグッと引き寄せ、ハイテンポなラグから、しっとり聴かせるナンバーではボーカルの掛け合いが楽しませてくれる。このRockin' Chairは、死期が迫った老人の呟きを歌ったブルースで、エリック・クラプトンも歌っている曲。これをルイは老人のセリフの歌に、茶々を入れる子供役を演じてみせる。年寄りの呟きの歌が、家族の歌に昇華する。見事だ。そしてお馴染みの聖者の行進で大盛り上がり。 アニタ・オデイの凄みを感じるスキャット、ダイナ・ワシントンは名曲All Of Me。鍵盤弾きの僕は、セロニアス・モンクが見られたのが嬉しかった。チャック・ベリーのロケンロールを交えつつ、クライマックスはゴスペル。 今はジャズというと、敷居が高そうなイメージすらあるけれど、ジャンルを超えたこの競演は、心地よい音楽と素晴らしい演奏の前にジャンルも人種も関係ないことを改めて教えてくれる。整然と椅子が並んだ観客席は今の音楽フェスとは随分違う風景だけど、聴衆の表情や身体がリズムで揺れる様子がとても素敵だ。 再びライブを楽しめる日が戻りますように。そう思う日々に貴重な演奏を収めた素敵な映画をありがとう。

  • mac********

    1.0

    映画館で見る価値はない

    予告編の後にスクリーンが小さくなったのにはびっくりしました。 古い映画なのでサイズがやはり現代とは相当違うのですね。 画像も音響もビデオで十分。映画館で見る価値ないです。 何より気になったのが、アーチストの演奏を楽しみにしていたのに客席や観客の表情やヨットレースの画像が多かったことです。 よほどのコアなファンでなければお勧めしません。

  • yam********

    4.0

    観客を一つにする音楽の力

    サッチモ(57)。 漫談やって歌って吹いて。 特に二曲目、ジャック・ティーガーデンとデュエットする「ロッキン・チェア」。 死期が近いのを悟った父と息子のたわいもない対話。 「使い古したロッキング・チェアに座って日光浴しながらお迎えが来るのを待つんだ」という父のセリフ、曲調と楽しげな表情が、ああ、そういう死に方も悪くはないな、と思わせてくれる。 説得力を持ってユーモラスに死を歌える希有な歌手だと思う。 全てを許すような包容力を感じる歌声は人間の大きさのなせるワザか。 白人に媚びを売っているだとか、アンクル・トムだとか、 若い黒人達からは批判的に語られることもあったと聞くが、 彼の演奏は底抜けに明るくて、深い。 彼の歌と演奏は、老若男女、様々な人種が入り交じる客席を一つにする。 マへリア・ジャクソン(47)。 ピアノをバックにど迫力の歌とハンド・クラップ。 盛り上がりまくる客席。 踊り出す観客。 三曲目、「主の祈り」が始まるとそれまで踊っていた観客は一転、自分の心の奥を覗き込むような自省的な顔つきで歌に耳を澄ます。 観客を鷲掴みにしたまま離さない歌声。 観客を自在に操る有無を言わせぬ歌声。 圧巻としかいいようがない。 彼女の歌は、老若男女、様々な人種が入り交じる客席を一つにする。 Black Lives Matterと暴力が吹き荒れる2020のアメリカの様子を見たら、この二人はなんと言っただろう? 彼らがいなくなったことがアメリカの分断に拍車をかけていると言ったら、言い過ぎだろうか。 午前の部のトリ、アニタ・オデイ(39)、めちゃくちゃキュートでかっこいい。 モンク(41)の演奏シーンにヨットレースを被せたのでマイナス1点。 ジャズありブルースありロックンロールありゴスペルあり、観客は最高に楽しそう! もしタイムマシーンを一度だけ使えるなら、1958年7月3日に飛んで行って、子供の真似して壁を乗り越えて、変な踊りを踊って画面に映り込みたいw。

  • bakeneko

    5.0

    ネタバレ映っているヨットはアメリカズカップの出船

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • takamath

    5.0

    4Kレストアで蘇る女性ボーカリストの華

    アニタ・オデイからダイナ・ワシントン、ビッグ・メイベル、ゴスペルのマヘリア・ジャクソンでシメる女性陣の歌唱が圧倒的。 全身が震えてしまう。 当時の一般の観客の、特に女性、それもキレイ目な女性を多く映していて、それもスクリーンに華を添えている。 4Kレストアレーションでカラー色彩がクリアになって、画面がキレイに映えている。 サッチモ!も最高。 色々んなミュージシャンが出ていて、それぞれの出ている時間は短いが、長過ぎず怠惰にならずで良い塩梅。 個人的には木琴の入ったバンドと、バリトンサックスのジェリー・マリガンが良かったかな。 池袋グランドシネマサンシャインのBESTIA上映で観たが、音響が最高に良かった。 やっぱこういう音を聴く映画は、良い音響設備のあるシアターで、スピーカーが音を飛ばす真ん中目のシートで観るに限る。 最高。 これはもう、観るしかない。 自分も池袋にBESTIAでまた観に行く。 20200901 池袋グランドシネマサンシャイン シアター6 BESTIA

  • sou********

    3.0

    パフォーマンスは別に、編集が嫌いです…。

    もっと、バンド全体のパフォーマンスが観たいです。 フロントマンどアップ多発。コレはコレで悪くないけど、引きの映像がもっと欲しいのです。フロントマンとのコミュニケーションが感じにくいです。 観客のカットも多過ぎです。 でも、この欲求を叶えたら、ただのミュージシャンビデオ…ですかねぇ? アニタ、マヘリア、素晴らしいです!

  • fwi********

    5.0

    映像と音楽のコラージュ作品。

    ラジオでピーター・バラカン氏が言っていた。「誰が出演していて、誰の演奏が圧巻だとか、そんなことよりも、とにかく観て、感じて、楽しめる映画です。」というようなことを。70年代ころから、再上映があると気にはなっていたが、今まで観る機会を逃していた。あらためて、出演者の情報を仕込むのはやめて、観に行った。音楽フェスの記録映画というよりも、映像と音楽をコラージュした映像作品のように思えて、今年の35度越えの暑い夏を忘れさせてくれるような清涼感にひたった。冒頭の水の波紋というか影のようなものに、音楽が反応しているかのような映像デザインから始まるが、73年のトリュフォーの「アメリカの夜」のオープニングにでてくるサウンドトラックの波打つ縦線を思い出した。音楽と映像のシンクロ作品のオープニングにぴったりである。昼の部では、同時に開催されているヨットレース(アメリカズカップ)の映像がはさみこまれてくる。これがまた、上空から、並走しながらととらえられたヨットの映像が涼しげで気持ちよく音楽とシンクロしている。ステージ前や近くの民家の庭で思い思いに音楽を楽しむひとたち。ジュースを飲む子供。昼の部から夜にうつり、演奏に観客もますます熱をおびてくる。映画を観ているこちらも、映像の中の観客とともに自然と気持ちが高揚してくる。音楽にあわせて踊りだす人たち、楽しそうな笑顔をみていると、時代を超えて幸せな気分になってくる。この映画、映像がスタイリッシュでカッコいい。観客の衣服やサングラス、髪型など、当時のファッションが洒落ていてかっこいいというのもある。映し出される映像に観客の様子をとらえた部分が、かなり多い。音楽ファンからは、あのアーティストの姿をもっと映せよ!とか苦情がでるのだろうか?映画全編を観終わると、演奏を楽しんだ満足感と、心地良いフェスティバルの余韻しか残らないので、きっとそんなこと言う人はいないのではと思う。プロローグとエピローグ的にオープンのクラシックカーで演奏して町をまわる人たちが映る。祭りのはじまる前の期待と祭りのあとの淋しさのように。クロード・ルルーシュの冬季オリンピックの記録映画「白い恋人たち」を少し思い出した。詩的(ポエティック)な映画だった。このジャズ映画、記録映画としても先駆的なものを感じる。どの演奏も素晴らしいので、わたしもあえてどの演奏が・・・と言うのは避けてきたが、ダイナ・ワシントンの「オール・オブ・ミー」で、すごく幸せな気持ちになれたと付け加えておきます。

  • iwl********

    4.0

    洒落た映像

    15年程前に観たが、ミンガス、ドルフィー好きだったんでドルフィーに会えた気がした。音楽聴けば会えるんですけど… ニューポートjazzフェスの雰囲気がよく伝わり良いです。 BGMみたいな映画です、バーボンかスコッチ片手にがよいかと。Blu-ray出ないか待ってるんですが… セロニアスモンクの肖像は持ってますけどね…

  • yut********

    5.0

    最高の夜って?決まってるじゃん。

    へ?ユーザーレビュー無いの? 広い布団に一人でゴロン(笑) 。。。で、この映画(ドキュメントだけどね)。 オープニングから魅了された。 ゆらゆらと揺れる水面、その一片一片に移る色々、そして重なるジャズ、ジャズ、ジャズ! 好きなだけに、ツボにはまりました。 アニタ・オデイやら、モンクやら、巨匠が連なる中、観客一人一人の格好良いこと。 凄い映画(ドキュメントだけどね)だと思う。

  • yrs********

    5.0

    生モンク、生ドルフィー

     緑の芝生に観客席を並べるシーンあたりでかかる、おおらかな男性ヴォーカル。車の上で賑やかにデキシーランドを奏でる楽団。ジュースを飲み尽そうとビンを何度もコップに傾けている子どもの後姿。ベース練習の合間に吸うタバコの煙の白い輝き。演奏のノリに合わせてからだが反応している観客の姿・・・などなど。  ミュージシャンの演奏を、こんなにお洒落で美術的センスあふれる絵に仕上げた映像作品も珍しい。特に演奏中や演目の合間に挿入される演奏者以外の情景や観客を映し出した映像が素敵だ。そのセンス、今でも少しも色褪せていない。素晴しい編集・構成とはこういうことを言うのではないのだろうか。  個人的にはソニー・ステットのテナー・サックスの吹きっぷりが好きだ。モンクの生演奏もいい、けどもう少しアグレッシブな演奏を聴きたかった。エリック・ドルフィーのフルート演奏にも感激。バリトンサックスをバリバリ吹くジェリー・マリガンの若さ!  ヴォーカルでは粋で艶のあるアニータ・オデイは云うに及ばず、ビッグ・メイビル・スミスの大口開けての迫力満点の熱唱なんかも忘れがたい。  流石のエンターテイナー、サッチモことルイ・アームストロングも貫禄充分。  とにかくジャズに興味がある人も無い人も、是非とも見てもらいたい名画中の名画です。

1 ページ/1 ページ中