レビュー一覧に戻る
真夏の夜のジャズ

真夏の夜のジャズ

JAZZ ON A SUMMER'S DAY

86

mai********

5.0

この瞬間に争いはない

ルイ・アームストロングさんにセロニアス・モンクさん ジャズ界が誇る超一流アーティストの演奏に歌に酔いしれる一夜。 この瞬間にあるのは歓喜と興奮と笑顔と拍手だけ。 白も黒も黄色もない。 老いも若きも男も女もない。 ただただ超一流の演奏に、歌に酔いしれるだけ。 1958年なんだという事に驚くばかり。 キング牧師によるワシントン大行進が1963年の出来事なんだから… こうやって平和でいられる。 隣に誰がいようと何も問題はない。 ステージに上がる演者が誰であろうが問題はない。 ただそこに音楽があり… ただそこに音楽を楽しむ人たちがいる。 それで充分。 そこに争いはない。 ステージを降りれば『グリーンブック』のような出来事もあったのでしょうが 映されていく観客の表情を見ていけば 差別することに何の意味もなかったことがわかります。 音楽の前にはどんな境界も存在しない… 2021年4月29日前橋シネマハウスで鑑賞

閲覧数303