ここから本文です

招かれざる客 (1967)

GUESS WHO'S COMING TO DINNER

監督
スタンリー・クレイマー
  • みたいムービー 67
  • みたログ 633

4.10 / 評価:246件

アメリカの懐の深さ

  • taka さん
  • 2018年3月18日 0時17分
  • 閲覧数 1619
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

1960年代という時代にこのメンバーでこの題材で大手映画会社が映画を作る。
いやもう、アメリカという国の懐の深さを知らされた。

70年代、自分が中学生の時に体育館で映画鑑賞会があり、この作品が上映された。自分も含め、誰もマトモに観ていなかったと思う。
しかしのその後、この作品の素晴らしさを何度も耳にし、DVDで映画を観ない自分にも、ようやく鑑賞する機会に恵まれた。

S・ポワチェ、S・トレイシー、K・ヘプバーン、そして名監督S・クレイマー。
もう贅沢としか言いようがない。
優れた脚本、優れた演技、そして優れた演出。
時代を感じるシーンがあるのは仕方ない。
それでもこの惹きつけるチカラはなんなんだろう。
素晴らしいとしかいいようがない。

午前10時の映画祭でもこれほどまでに完成度の高い作品はそうない。
素晴らしかった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ