真昼の死闘

TWO MULES FOR SISTER SARA

105
真昼の死闘
3.3

/ 103

6%
32%
50%
10%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(39件)

コミカル16.5%かっこいい13.8%楽しい13.8%勇敢11.9%かわいい11.0%

  • しおびしきゅう

    4.0

    早く来いよ!

    NHKBSプレミアムで鑑賞! 2021年6月11日(金)放送分を録画で! オイラが2022年に観た、7本目の映画! クリント・イーストウッドの西部劇である! メキシコ独立軍対フランス軍の、真昼の……になる筈が、予定が狂って、真夜中の死闘! シャーリー・マクレーンが、まだ若く、美しい! 冒頭、2人が出会うシーンで、衣服をはぎ取られそうになる瞬間のシャーリーの裸体が、艶めかしくて眩しい! 色男のイーストウッドも、相手が尼さんということで、紳士的だ! でも、隠れてタバコを吸ったり、お尻のことをassと言ったり、ちょっと怪しい尼さんだ! 2人の利害が一致して、一緒に旅をする、珍道中! 楽しめましたよ! 映画って素晴らしい! そいつぁよかった!

  • tom********

    3.0

    ネタバレシスターの声優が良い

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • sou********

    4.0

    お尻ペンペン!ロバ乗り尼僧は愛らしい。

    オープニングから、ユニークで良い曲やなぁ…と思ったらモリコーネだった。流石です! 流れ者のガンマン、モーガンを演じる空豆クリキントン様は、やはり存在感ありまくり。 そして、尼僧サラを演じるのがシャーリー・マクレーン。彼女はロバに乗って移動する姿が愛らしい。 ストーリーのきっかけはこんな感じ。 3人の男に襲われていたサラを、通りすがりのモーガンが救い出す。 モーガンは、メキシコゲリラと共闘して、フランス軍から奪った金を分け合う計画の道すがらだった。 尼僧姿のサラは、フランス軍の駐屯地の情報を知っていると言う。しかも、彼女の教会の裏手に駐屯地があると言う立地。 そこで行動を共にするようになり、西部劇的ロードムービー展開へ…。 美人尼僧のサラに興味を持つモーガンだが、彼女の職業柄、距離感をキープする紳士っぷり。 しかし、ちょいちょい、やさぐれ感が溢れてしまうサラ。 実は、サラにはこんな秘密が!?って設定。 単純に、フランス軍と闘うゲリラ戦も面白いし、西部劇らしいカオス感も悪くない。そこにサラの秘密が絡んで、作品はユニークな出来栄えになっている。 作品の他のファクターとして、大自然のロケーションも好きだし、カメラワークも好きだ。ガンアクション、スタントも良いと思う。冒頭に記した通り、モリコーネの音楽も良い。 一つ瑣末な疑問だが… なんとなく、編集の中でカットされたシーンがいっぱいあるのでは?と思う。 一つ一つの場面は、丁寧に時間を使って表現しているのに、場面転換のアッサリ感が不思議。逆に、必要ないところはバッサリ切るぜ!と言った計算なのか!?別に構わないけど…「あら!?」って感じになってしまう。 最大の疑問もある。邦題は昼夜逆転してるのでは(笑)!?

  • ジャビえもん

    3.0

    ネタバレ白い裸身に、鼻血。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ame********

    3.0

    訳あり尼僧と流れ者のヴィヴァメヒコ珍道中

    シャーリーマクレーンの尼さんといつもながらの流れ者のイーストウッド フランス軍を攻略して金を奪う計画 尼さんがタバコってあたりでアレ?ってなるな ヤキ族に射貫かれた矢を抜くあたりの描写が細かい いろいろあってフランス軍駐屯地を襲い 混乱に乗じてまんまと金を奪い取るか イーストウッドはサンフランシスコでカジノを開くため ロバの尻をペチペチしつつのシャーリーマクレーンと共に去って行く 真夜中の死闘だよなホントは

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
真昼の死闘

原題
TWO MULES FOR SISTER SARA

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-