ここから本文です

真昼の衝動 (1966)

THE HAPPENING

監督
エリオット・シルヴァースタイン
  • みたいムービー 3
  • みたログ 5

3.80 / 評価:5件

面白うて、やがて…

  • bakeneko さん
  • 2009年11月19日 16時22分
  • 閲覧数 199
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

奇抜なアイデイアと転調に次ぐ転調のストーリーで観るものを引っ張ってくれる“捻った娯楽サスペンス”の隠れた佳作であります。

えー、実際にはあり得ないのだけれど、フィクションの世界では一つのパターンとなっているのが、“未熟な犯罪者に誘拐された被害者が主導権を握って…”という逆転のシチュエーションであります。
「大誘拐」や「殺したい女」等の傑作が多い、このパターンの作品の先駆けとなったのが本作で、主演のアンソニー・クインが貫禄で御話に説得性をもたらしてくれる他、デビューそこそこの初々しいフェイ・ダナウェイを観る楽しみもあります。
そして、喜劇ベースの展開は“アメリカの幻想”の裏にある“現実の暗闇”へと侵入して、笑らえない真実を提示するのであります。
見事な語り口とスピーデイーな展開の肩の凝らない娯楽作品ですが、“現実の苦み”を見事に含んで重みの有る余韻を残してくれます。


ねたばれ?
全年齢的にお薦めの娯楽作品ですが、マフィアの基礎知識があった方が良いと思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • 悲しい
  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • ゴージャス
  • 不思議
  • パニック
  • 不気味
  • 勇敢
  • 知的
  • 絶望的
  • 切ない
  • セクシー
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ