ここから本文です

まぼろしの市街戦 (1967)

LE ROI DE COEUR/KING OF HEARTS

監督
フィリップ・ド・ブロカ
  • みたいムービー 91
  • みたログ 178

4.24 / 評価:82件

DVDレンタル化が遅いのも納得のマニアぶり

  • エル・オレンス さん
  • 2020年6月25日 23時03分
  • 閲覧数 219
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

うーむ、サイトレビューが高評価なので期待しすぎたのか、結構肩透かし映画でした。

「戦争の狂気に比べれば夢の世界に住む病人たちの方がずっと正常」という皮肉を込めたコメディ風刺劇。目の付け所はシュールで斬新ですが、反戦メッセージ性は弱く感じます。

1つ1つの展開もテンポが悪く、結構眠気との戦いでした。

主演のアラン・ベイツも果たして適役かというと微妙。

魅力だったのは、ジョルジュ・ドルリューの音楽くらいかも。改めて稀有の天才だと実感。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
  • セクシー
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ