ここから本文です

まぼろしの市街戦 (1967)

LE ROI DE COEUR/KING OF HEARTS

監督
フィリップ・ド・ブロカ
  • みたいムービー 91
  • みたログ 179

4.25 / 評価:83件

ダリの絵のような

  • ほつれ さん
  • 2021年5月3日 13時39分
  • 閲覧数 78
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

ドイツ軍は町に謎の時限爆弾を仕掛けて撤退したため、イギリス軍(スコットランド軍)の通信兵がその解除のため町に潜行する。ドイツ兵に見つかりドタバタしているうちに精神病院の門をオープンにしてしまい患者たちが町にあふれ出てくるのであった。

デジタルリマスターのおかげもあるだろうが絵作りがうまくできていて、ダリの絵のような雰囲気を醸し出している。カラフルで派手で幻想的で狂気じみていて陰湿で暗い映像表現とストーリー。

戦争を起こす危ない人間どもから距離を置いて暮らす狂人達のほうが、世の道理を理解し、自由気ままなようでいて壁を越えず、自分の範囲を知り平和に幸せに生きている。
ドタバタの中に反戦などの寓話を含んでいるはずの映画だが、絵作り以外で特に感心する点がない。テーマも基本的に陳腐だ。要するに発見がないし新鮮味がない。
ドタバタやギャグ廻しが無駄にうるさく、じっと見ていて楽しいと感じない。

映画史に興味のある人向けかな。

まとめ:騎士は忘れた頃に動き出す。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • ファンタジー
  • セクシー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ