レビュー一覧に戻る
ウイークエンド

ウイークエンド

WEEK END

104

一人旅

3.0

果敢にもゴダール挑戦!→脳・内・崩・壊

ジャン=リュック・ゴダール監督作。 【ストーリー】 ロランとコリーヌ夫妻は土曜日の朝、田舎の実家へ向かうため車を走らせるが、途中激しい渋滞に巻き込まれてしまう・・・。 ゴダール映画をほとんど楽しめた経験の無い自分。 序盤の長回しでの渋滞シーンは「ゴダールすげぇ!」と感動した。渋滞している無数の車、無数の人間をゆっくりゆっくり映していく。渋滞の列に割り込んだ夫妻に対してブチギレる者、訳もなく騒ぐ者、そして渋滞の原因になっていた車の事故現場を見ても特に関心を示さず足早に立ち去る者・・・。この長回しのシーンだけで人間の負の本質を描き切っているようだった。 「ゴダールいいかも!?」 そう思えたのはここまで。 物語は徐々に理解不能の域に達していった。 笑えたのは、夫妻が事故を起こし車が横転してしまうシーン。夫が倒れているのにコリーヌはエルメスのバッグを第一に気にするのだ。痛烈なブラックユーモア。現代の行き過ぎた物質主義を過激に象徴するようなワンシーンだった。

閲覧数1,526