ここから本文です

真夜中の狂気 (1980)

LA CASA SPERLOTA NEL PARCO/THE HOUSE ON THE EDGE OF THE PARK

監督
ルッジェロ・デオダート
  • みたいムービー 0
  • みたログ 7

3.33 / 評価:3件

食人監督

  • rent10th さん
  • 2007年4月13日 0時07分
  • 閲覧数 657
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

「食人族」で有名な監督デオタードがしかけた監禁バイオレンスもので、ホラー通が唸るキャスティングが見どころか。
「鮮血の美学」「ヒッチハイク」のデビッド・ヘス。その相棒となるのが映画界一の殺され屋であるジョン・モーゲン。彼はこの作品後どんどん残酷な殺され役を演じていきます。
「地獄の門」では頭にドリル。「人食族」では×××切り取り。「地獄の謝肉祭」では腹にぽっかり穴が開きます。

で、ストーリーは強盗がセレブパーティに乗り込むというシンプルなものなんですが、作為的な部分が多く完全に破綻しており、最後まで見るのがつらかった。
もう少し腕のある監督がやったら面白いプロットではあると思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ