レビュー一覧に戻る
ウィークエンド・ラブ

ウィークエンド・ラブ

A TOUCH OF CLASS

106

woo********

5.0

不倫ものなんだけど後味すっきり!

この映画でアカデミー主演女優賞を取ったのは キャサリン・ゼタ・ジョーンズ似(グレンダのほうが大先輩だけど) 豪快で大柄(に見える。)な美人! ラブコメディ?かな。 舞台コメディばりに笑えるシーンが(苦笑ふくむ)たくさん。 初めはいけすかない出会いなんだけど その後も偶然に数回ばったりと会ってしまう。 ロンドンの町並み、バス。すごく素敵。 かたや旦那と別居中の二人の子持ち女性。 デザイナーでキャリアウーマン。 かたやアメリカ出身 会社の結構上役の裕福な家庭を持つ男性。 二人とも40歳前後かな。 『割り切った付き合いを楽しみたい』 下心丸出しのアメリカ男が すぐさまイギリス女を誘う。 しかし、喧嘩ばっかりしてんの。 「このクソアメリカ男!」 「この冷血イギリス女!」 誰に迷惑をかけることもなく 二人で楽しい時間を過ごす。 しかし、迷惑をかけない分 すべて早回しの大忙し! 恋愛も大変!! スペインのマラガへ 『ジブラルタルを見に行こう!』 自分達を知らない町へ 旅行に行くのだが・・・ のっけから 知人にばったり! 同じ飛行機。同じ行き先。 結局二人は、なかなか二人きりになれず モヤモヤ。 また喧嘩、、、 それが すごく笑えんの! 表情がいいんだね。 少し、寂しいけど 立派な決断だと思ったラスト。 流れる音楽が とってもロンドンちっく(たぶん)。 不倫ものなのに 素敵と思ってしまう 主演の二人が最高! あ、女性のほうの子供は 最初しか出てこなかった。。。 誰が面倒を見ていたんだろう。。。 て、そんな考えは野暮だね。 映画だから。 これは、大人の二人の 大人のお話なのだ。 盛り上がりとか、そういうのはないけど とにかく、素敵だったんだ。

閲覧数778