ここから本文です

上映中

マルクス兄弟オペラは踊る (1935)

A NIGHT AT THE OPERA

監督
サム・ウッド
  • みたいムービー 7
  • みたログ 83

3.64 / 評価:14件

反復の果て

  • 文字読み さん
  • 2009年4月21日 0時05分
  • 閲覧数 528
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

1935年。サム・ウッド監督。マルクス兄弟。オペラの舞台裏で巻き起こるドタバタコメディ。世界を狂気へと巻き込む3兄弟が、ドタバタの果てに真実の才能を発掘するという話になっています。言葉で引っ掻き回すグルーチョと、身体能力と演奏術で周囲を騒がすチコとハーポの最高傑作といわれています。

グルーチョが「こちら●さん。●さん、こちらが◆さん」と紹介する場面で、●と◆の名前を繰り返して終わらなくなるように、明らかに「反復」がテーマ。「反復」のエスカレート。小さな部屋に次々と人がやってきていっぱいになって最後に外にあふれ出たり、二つの部屋の間をベッドをぐるぐる動かしながら頭がおかしくなったり、契約書が気に入らないと少しずつ破いていったり。いずれも「反復」されているうちに別の文脈が生まれています。破り続けた契約書は最後に奇妙な効果を表します。

とにかく喋り続け、動き続け、繰り返し続けることで、幸せなことが生まれています。とめようとする奴は頭をなぐって気絶させて、逆に動きをとめてしまう。止ったら負けの映画です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ