マルクス兄弟デパート騒動
3.7

/ 10

40%
20%
20%
10%
10%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(6件)


  • qaz********

    2.0

    ビデオ2

    2000年にBSで本作と「二丁拳銃」をやりました。前年にリバイバル上映したのでタイムリーでした。

  • tak********

    4.0

    おなかがよじれる

    デパートでのおっかけドタバタシーンは、何回見てもおなかがよじれるくらいおもしろい!!

  • ちか

    5.0

    笑いの原点!?

    とっても古い映画ですが… ナンセンスかつスピーディーなギャグには、かなりの定評がある人達です。 ミュージカルでもありコメディでもあり… 昔ののんびり感とスピーディな逆にぷぅ~って笑いが。 マルクスブラザーズと評して、何作かの映画が製作されています。 一番有名なのは… 1935年の『オペラは踊る』(A Night at the Opera) それよりも私はこちらの方が好きです! ハーポの狂奔的な動きと、グルーチョのナンセンスなマシンガントーク そして、ハーポとグルーチョとの間をイイ感じで取り持つのがチコ… と、どの映画もこの動きが主体です。 私がこの映画を知ったのは… NYLON100℃のケラリーノ・サンドロヴィッチさんの記事を読んでからでした。 他にも小林信彦、筒井康隆が熱狂的なファン&日本のコントグループで大有名なザ・ドリフターズも!! マルクスの一芸をオマージュしていたようですよ。

  • yag********

    5.0

    ネタバレ可笑しいだけではありません。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ********

    5.0

    3人のハーポ

    1941年。マルクス兄弟。大手デパートの身売り話に絡んで、身の危険が迫る株主を守る友人(チコ)と探偵(グルーチョ)と探偵の部下(ハーポ)。株主はたまたま歌手でもあり、恋人もいて、例のごとく歌と恋と笑いで飽きさせない展開。最後のチェイスでは撮影速度を変化させながらスピードと迫力を出してます。人がやたらと宙を飛ぶ。 他人の言葉を文字通りに捉えて対話で楽しませるグルーチョ、すばらしいピアノのチコ、形態模写のハーポのそれぞれの見せ場が満載。とくにハーポは近くにいる人をことごとく過剰に模倣していき、しまいには自分自身がわからなくなっています(二つの鏡と三分裂)。 デパート内を踊り歩くミュージカルシーンもすばらしいし、申し分なし。

  • rad********

    3.0

    歌って、売って

    Sing While You Sell !!!! 大仕掛けのミュージカルシーンがものすごく好きです。 あのシーンだけ何度も観直しました。

1 ページ/1 ページ中