マルコムX

MALCOLM X

202
マルコムX
3.8

/ 305

23%
43%
29%
4%
1%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(59件)

勇敢21.5%知的16.0%かっこいい13.2%悲しい11.1%切ない9.7%

  • eng********

    5.0

    デンゼルワシントン 格好良い映画

    DVD鑑賞で最初は入り込めず1回流し見しましたが2回3回と繰り返し見る内に歴史的背景や幼少期からの壮絶な人生、ダンスなどテンポよくコミカルに魅せてくれるところもあって最後の展開までの間にいつの間にかマルコムの内面や信念に惹きつけられ同調し今5回目繰り返し観ていますが3時間はあっという間です。デンゼルワシントンさんいいですね。脇の俳優さんも個性豊かで。良い作品を見れてよかったです。

  • ech********

    4.0

    正統派大河、娯楽性も十分

    3時間超のリー君畢生の大作です。 中身も濃いし、メッセージ性も高いのに画面の展開や話のスピードが滑らかなので娯楽性も十分です。才能でしょうね。ワシントン君も一番いいんじゃないか? 難をいうと、あまりにも黒人だらけなので、白人を二割増しくらいにするとよりリアルになると思います。

  • sou********

    5.0

    A Change Is Gonna Come

    随分、昔に観た映画。 レビューしていなかったので、改めて鑑賞した。 僕らの中学生時代は、英語の教科書でマーティン・ルーサー・キングJr.について書いてあった。その頃、アメリカの歴史には興味がなく、とても古い時代の話だと思っていた。当然、何年頃の話であると表記してあったわけだが、実感が無かったのだ。まさか、自分の祖母とほとんど年齢が変わらないとは、露ほども思わずにいた。 その後、僕は、マーヴィン・ゲイをきっかけにブラックミュージックに傾倒していった。新しい流行曲よりも、古いブラックミュージックを探し求める人生が今も続いているのだが、彼等の音楽を理解する為に、当時のアメリカの社会状況も気にするようになっていった。 すると、音だけに惚れてた僕が、音楽に隠れた意味を理解するようになっていき、遠い昔の人物と思っていた人が、結構、近々の歴史上の人物だと気づく。苛烈な人種差別の時代と、公民権運動の時代を知る人々はまだ生きている。それくらい近々の現代史なのだと、改めて気付かされる。 社会情勢の中から生まれたsoulやfunk好きな僕にとって、マルコムXという重要人物を知ったのは自然の流れだった。 以前、とりあえずの知識として、この映画を観た。映画にも出てくるように、過激な発言が多く、当時は思想的に受け入れがたい映画だった。僕自身の中で、イスラム教についても全く知識が不足していたし、受け入れる態勢が出来ていなかったんだと今は思っている。 異宗教で人種も異なる僕が、マルコムXをどのように受け入れるか?というのは難しい部分もあったと思う。 初見から、どのくらい時を経たか忘れてしまったが、映画を観る、本を読む、音楽を理解する、アメリカ社会の変化を知る、人権運動の歴史を知る…、いろんな形で理解出来る範疇が広がってくれば、この映画を以前より遥かに高く評価する自分が現れた。 この気持ちは自分だけのものだろう。言葉にし難い。 A Change Is Gonna Comeが流れた時、サム・クックの声が染みる。元々、かなり素晴らしい曲だ。単体で聴いても心に染みる。なのに、示唆的に使われる皮肉…。運命を迎え入れる会場へ向かう時に、この曲か…と。もう、それだけで、いろんな意味を考えるわけ…。 エンドロールのアレサ・フランクリンが歌うダニー・ハザウェイのSomeday We'll All Be Freeも良い。アレサは、誰の楽曲も自分が長年歌い込んだ曲のように乗りこなす。別の曲のようなカバーになっちゃうのが凄い。 柔らかく、優しく奏でるダニーよりも、パワフルでソウルフルなアレサのチョイスは映画にぴったりだと思う。 映画レビューというより音楽レビューに近くなってるが、スパイク・リーの映画って、ブラックミュージックのチョイスが絶妙なんだよね。この映画も全編通して名曲揃い。 彼の映画って、取っつきにくい作品も多いが、音楽に注目するのも楽しみの一つだと思う。 アメリカの直近の暗い過去や今も続く人権差別の根本を知る上で、同時にマルコムXの伝記映画として、時代を彩った名曲を辿る意味で、良い映画じゃないかな。

  • aik********

    5.0

    ネタバレマルコムXが乗り移ってる!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 池村 啓

    5.0

    私の人生を変えた作品

    映画館に10回ほど通い、ビデオやDVDまで購入した作品。大学院の修士論文ももちろんマルコムX。私の人生を変えた作品です。いずれ博士後期課程に進学したならば、さらにマルコムXを掘り下げるつもりです。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


受賞歴

NY批評家協会賞第58回

男優賞

ベルリン国際映画祭第43回

男優賞

基本情報


タイトル
マルコムX

原題
MALCOLM X

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-

ジャンル