2014年5月3日公開

ウィズネイルと僕

WITHNAIL AND I

1072014年5月3日公開
ウィズネイルと僕
3.7

/ 50

30%
26%
34%
8%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

1969年ロンドン、貧乏暮らしをしている売れない役者の僕(ポール・マッギャン)とウィズネイル(リチャード・E・グラント)。貧しい生活にうんざりした二人は、ウィズネイルの叔父モンティ(リチャード・グリフィス)が所有する田舎の別荘で休暇を過ごそうと旅に出るが……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(10件)

笑える26.3%切ない21.1%コミカル15.8%楽しい10.5%悲しい5.3%

  • bar********

    5.0

    ネタバレ傑作の一つ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • pop********

    3.0

    2015年に見た、まずまずの映画その56

    その56 ウィズネイルと僕 その55 MAD探偵 7人の容疑者 その54 男はつらいよ 柴又慕情 その53 ジャッカスザムービー その52 スクープ・悪意の不在 その51 のら猫の日記 その50 アザーガイズ その49 まわり道 その48 ハプニング その47 マネーボール その46 思い出のマーニー その45 誰が為に鐘は鳴る その44 カンバセーション…盗聴… その43 ハリーの災難 その42 モールコップ その41 一枚のハガキ その40 ボラット その39 チェンジリング その38 ギフト その37 ターミネーター3 その36 バトルオブヒロミくん その35 大いなる幻影(ルノワール) その34 ファンボーイズ その33 ジーザスキャンプ その32 アウトブレイク その31 ニューオーリンズトライアル その30 マシニスト その29 エルフ~サンタの国からやってきた その28 フェイク その27 エリンブロコビッチ その26 キンダガートンコップ その25 マドモアゼル その24 ドライヴ その23 LAコンフィデンシャル その22 燃えよ!ピンポン その21 幸せのちから その20 ホビット 思いがけない冒険 その19 永遠に美しく… その18 インサイドマン その17 狼よさらば その16 メンインブラック その15 ゲッタウェイ その14 顔のないスパイ その13 ワールズエンド その12 戦争のはらわた その11 戦場の小さな天使たち その10 アザーズ その9 ミスターブー ギャンブル大将 その8 ミスターブー インベーダー作戦 その7 ミスト その6 新ミスターブー アヒルの警備保障 その5 セブンイヤーズインチベット その4 ミスターブー その3 ルパン三世カリオストロの城 その2 アンストッパブル その1 ブラックジャック劇場版

  • 一人旅

    3.0

    ウィズネイルと僕

    TSUTAYA発掘良品よりレンタル。 ブルース・ロビンソン監督作。 売れない二人の役者、ウィズネイルと“僕”の日常を描いたドラマ。 酒を飲むばかりで稽古する様子も見られない二人。時々偉そうなことを言ったりポエティックな言葉を呟いたりするくせに、怖そうな男に絡まれると怯えて逃げ出すという気の弱さが可笑しい。二人は目標に向かって何か行動を起こすわけではなく、“暇だから”という理由だけで郊外の別荘へ向かう。途中豪雨に襲われ、ようやく着いた別荘でずぶ濡れになりながら椅子に座り込んだウィズネイルが放った「くつろいでいるんだ。」の一言が面白くて笑ってしまった。 その後も特別何かが起こるわけではないが、二人の間で交わされる意味のないやり取りや数々のユーモア溢れるセリフが魅力的で、忙しさのまるで無い演出が不思議な心地良さを生んでいる。

  • ibu********

    4.0

    妙な笑いが楽しいちょっと変わった友情物語

    新橋文化劇場で2014/7/19に観賞。8/31の閉館まであと12日。 監督の自伝的映画っちゅう話だけど、それを知ってまず思ったのが「楽しい青春時代だったんだな~」ってこと。 一つのアパートに同居している売れない役者二人が繰り広げる、まさに自由奔放といった感じの日常生活を映し出した映画。 酒や麻薬におぼれて怠惰な生活を送っている二人だけど、映画全体の雰囲気はかなり明るい。 ハチャメチャな二人の行動が映画のメイン部分だけど、ときどき飛び足すシャレの効いたギャグがものすごく良いアクセントになってて良かったね。 劇場内でもかなりウケてて、みんな声だして笑ってたよ。 ウィズネイルの叔父さん役の役者さん、出てきた瞬間に「あれ?どっかで見た人だけど・・・」と思ったんだけどなかなか思い出せなくて、1分ぐらい経って「あ!ハリポタのバーノン叔父さんだ!」って気づいたよ。 ところが、この映画ではとても気の優しい良い人で、しかも・・・・・ホモ(^^;) 夜中に化粧して主人公の部屋に夜這いに来るシーンなんか、すごーく滑稽で面白かった。 バーノン叔父さんとは全然違うキャラだったけど、こっちのが違和感なかったかも~www 全然知らない映画だったんだけど、色んなところがちょっとずつ普通じゃなくて、そのうえとても楽しい映画だったんで強烈に印象に残ったな~。 音楽にジミー・ヘンドリックスとか使われてて、それがまた映画に合ってて良かったね~。 そして、ちょっと切ない感じがするラストも良かった。また見たい。

  • kan********

    2.0

    ネタバレ人生感

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ウィズネイルと僕

原題
WITHNAIL AND I

上映時間

製作国
イギリス

製作年度

公開日

ジャンル