ここから本文です

ミクロの決死圏 (1966)

FANTASTIC VOYAGE

監督
リチャード・フライシャー
  • みたいムービー 51
  • みたログ 847

3.67 / 評価:229件

天才的なアイデアと発想。

  • エル・オレンス さん
  • 2018年7月22日 12時58分
  • 閲覧数 661
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

「Fantastic Voyage」というタイトルセンス、とても素晴らしいです。

製作から半世紀以上経た今観ると、映像や技術の面で古さは否めません。それは仕方ないです。

が、観る者を惹きつける奇想天外なアイデアやストーリーは、どれだけ歳月が経とうとも、決して古くなりません。

人体を「小宇宙」に見立てて冒険活劇を作ろうなんて、誰が想像つきますか!?これを思いついた時点で、本作は大成功です。

また、この先本作を現代技術でリメイクしてほしいとも全く思いませんし、むしろやって欲しくないですね。CGという便利な技術が無かった当時だからこそ、製作スタッフが頭を捻り倒し、これほどの奇抜あるアイデアや工夫凝らした演出が沢山生まれたんだと思います。

あと1966年製作ということで、ソ連と科学技術の競い合いの真っ最中の時代でしたが、その背景を意識しながら本作、特にラストを観ると、「アメリカはこんなに凄いんだぞ!」とソ連に向けて誇示しているようにも映るのも、興味深いです。



======================================

★1966年アカデミー賞 2部門受賞 
美術賞、特殊効果賞

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • 不思議
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 知的
  • 絶望的
  • セクシー
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ