ここから本文です

ミクロの決死圏 (1966)

FANTASTIC VOYAGE

監督
リチャード・フライシャー
  • みたいムービー 51
  • みたログ 847

3.67 / 評価:229件

ぶら下がりビニールの中の演技

  • kun******** さん
  • 2018年8月15日 10時11分
  • 閲覧数 1422
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

なんとか雰囲気を出したくてこんな装置に成ったんでしょうが、下手すりゃ
学芸会の装置。
当時の映像技術じゃミクロの体内表現法はこれ位しかなかったと忖度しても
現代のCGで表さられるミクロの映像を見てる目からは何だこれはと思っても
仕方がない。
何時も未来の科学の世界を扱う主題に神の存在を肯定するか否定するか?
と刷り込みが行われるのが不快。
良い学者=神の肯定
悪い学者=否定
この図式は
アメリカ自由
共産圏束縛
として自由な発想を否定する共産主義と攻撃的。
なんで神を肯定するのが自由な発想なの?と不思議
宗教団体は何万とあって、それぞれに信じる神の具象体があり、
それを否定するのは悪魔と規定する。
明かにそれぞれの神が異なってるのはオカシイ。
其々の神が創始者の自由な発想の産物に過ぎず何の根拠も無い。
それに縛られるのと、自由な発想の神を否定するのはどちらが不自由なんだ?
Aの神の信者とBの神の信者は永遠と戦争をやめない。
こんなバカげたことが自由なのか?
いっそABCD,,,,,,,,,,,,,......
全部嘘の方がすっきりするし争いも無くなる。
御存じの様にマルクスの共産主義は神を否定し宗教とは麻薬の様な危険な
考え方と糾弾してる。
まさにそのとおり。
しかし現実そう言う共産主義国家も教会は認めてる。
キチガイに成らない程度なら仕方がない人間の弱い部分の補完として存在
してもかまわないとしてる。
末期ガンに打つ手は無いから神にすがる事を否定してもかわいそうだし。
進化論をマルクスは絶賛したそうだが
ダーウインは其れを不快に感じたそうだ。
彼は優秀な神学校の生徒出身だった。
鉱物に関心を持ち、地球は生き物であり、鉱物も変化し今に至ってると
気が付き、尚更生物も変化してるのかもと気が付き
進化論を考えついた。
進化論と対峙した昆虫記のファーブルは進化論を否定したが
実は二人は仲が良かったそうだ。
同じ神学の徒だった所為でしょうね。
ダーウインもファーブルも神の存在を信じ
神の御業の表し方の違いに過ぎなかった。
マルクスに神は居ないと否定されれば不快に成るのは当然。
かくして、共産主義は神を信じる者に嫌われまくってる。
いや
厳密にはマルクスの 共産主義なんです。
キリスト教会も究極は共産主義ですからね。
様は
神を肯定するか否定するか
それだけの事
私は否定します。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • スペクタクル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ