ここから本文です

ミクロの決死圏 (1966)

FANTASTIC VOYAGE

監督
リチャード・フライシャー
  • みたいムービー 51
  • みたログ 849

3.67 / 評価:230件

手塚治虫原案…と言っていいような。

  • pin******** さん
  • 2014年8月14日 10時12分
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

たいへん有名な、往年のSF傑作。

いかに往年の傑作でも、意識しないとなかなか見る機会はないものです。

人間がミクロ化して体内に入り、脳の血栓の治療をするという冒険SF。

手塚治虫が「僕の作品のアイデア(吸血魔団)と同じだ。」とよく言っていました。

『2001年宇宙の旅』の件と言い、よくよくアメリカ映画とは縁のない人なんだろうなぁと思います。

それにしても、手塚治虫の偉大さを感じさせるエピソードではあります。

視覚的には、CGを駆使した今日の作品にはかなわないかもしれませんが、あの時代、体内に入り込むという斬新なアイデア(まあ、手塚治虫のアイデアだけど)といい、不思議な体内の造形と言い、よくできたお話だと思います。

博士の究明に向かったクルーの中にスパイが一人混じっているというのは、ヒッチコックの『救命艇』にも似ている設定。

ただ、結局、スパイは誰だったのかがよくわからないのが残念だったけど…。

救命艇が体内にとりのこされた件だけど、僕は白血球によって消されてしまったんじゃないかと理解したんですがいかがでしょうか。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • 勇敢
  • 知的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ