みじかくも美しく燃え
3.6

/ 54

22%
30%
37%
6%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(22件)

ロマンチック20.8%切ない19.4%悲しい13.9%絶望的8.3%かわいい8.3%

  • kam********

    3.0

    ネタバレストーリーは添え物程度に

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 一人旅

    5.0

    愛情の輝き

    ボー・ウィデルベルイ監督作。 19世紀末のスウェーデン及びデンマークで実際に起きた事件に着想を得て制作された恋愛映画で、清廉なヒロインを演じたピア・デゲルマルクがカンヌ映画祭で女優賞を受賞しています。 19世紀末、スウェーデンの伯爵でもある陸軍中尉の青年とサーカスの綱渡り芸人である若い娘の悲恋を描いた青春恋愛ドラマで、妻子がある青年と若い娘の相思相愛のひと時を北欧の自然美の中に伸びやかに綴っていく前半から、後半は一転、逃亡先のデンマークで隠伏&極貧生活を強いられ次第に追い詰められていく二人が辿る儚く哀しい末路までをクラシックの挿入曲に乗せて映し出しています。 二人の関係性は一言でいえば不倫関係にありますが、お互いを深く愛し合う若い男女の純粋な愛情のエネルギーが北欧の自然の中に煌めています。愛情という何物にも代え難い感情の尊さが二人だけを包み込む多幸感と共に表現されますが、その一方で、デンマークへの逃亡に伴う失業と経済的困窮という“好きだから”だけでは済まされない容赦のない過酷な現実が二人のもとに押し寄せていく様子もきちんと描出されています。 北欧スウェーデンが生んだ、名作の呼び声も高い青春恋愛ドラマであり、本作が映画デビューとなった同国出身の新星:ピア・デゲルマルクの清廉な美しさが絶えず輝きを放っています。

  • chi********

    3.0

    女優さんと森の映像が美しい。

    女優さんの目力のあるピュアな美しさと森の心安らぐ映像だけが魅力でした。 余りにも先が見え過ぎていて、ストーリーはまあどうでも良いかな。 一応ラブストーリーなんだけど、切なさは皆無でした。 ちょいちょい流れる音楽も「頭の中お花畑」の演出に思えてしまいます。

  • yok********

    3.0

    女優さんが美しかった。

    脚本や映像はイマイチでしたが、女優さんの透明感が美しく、それが全ての作品でした。

  • ww4********

    4.0

    美しい映画

    出演者も舞台も美しい。ほかの選択も在ったと思うけど、この選択も彼らの選んだことだから。雨傘のカトリーヌドヌーブと同じような感じの美しい女優さん、初めて知りました。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


受賞歴

カンヌ国際映画祭第20回

女優賞

基本情報


タイトル
みじかくも美しく燃え

原題
ELVIRA MADIGAN

上映時間

製作国
スウェーデン

製作年度

公開日
-

ジャンル